このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

マイナンバーカードが健康保険証として使えます!

更新日:2021年12月2日

マイナンバーカードが健康保険証として利用できます

 一部の医療機関や薬局の窓口において、従来の健康保険証とは別に、事前に「初回登録」を行うと、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。(利用できる医療機関 薬局は順次拡大される予定です。)
 なお、健康保険証でもこれまでどおり受診可能です。(保険証が発行されなくなったり、使えなくなったりすることはありません)

健康保険証利用についての詳しい内容は、以下の厚生労働省作成の資料をご覧ください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。マイナンバーカードの健康保険証利用が始まります(病院・歯科医院・薬局で利用可能)(PDF:2,171KB)

マイナンバーカードの健康保険証利用に対応する医療機関について

マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機関・薬局についてのお知らせ(厚生労働省HP)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するための「初回登録」について

 マイナンバーカードを健康保険証と利用するために、マイナポータルから健康保険証利用の「初回登録」が必要です。
 登録方法については下記のマイナポータル等の案内をご参照ください。ご自身やご家族のスマートフォン、ご自宅のパソコン(カードリーダーが必要)や市役所内のマイナポータル端末設置部署等で登録できます。

【マイナポータル公式サイト】
マイナンバーカードの健康保険証利用|マイナポータル(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
【動画 健康保険証利用申し込み方法】
パソコンによる登録方法|You Tube(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
スマートフォンによる登録方法|You Tube(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

 なお、健康保険証利用が開始されるようになれば、医療機関や薬局の窓口において、顔認証付きカードリーダーで健康保険証の「初回登録」ができる予定です。
 受診時に併せて「初回登録」ができるようになれば、スマートフォン等をお持ちでない等設定可能な環境の無い方でも、この方法にて簡単に利用登録ができるようになります。

健康保険証として利用するメリット

健康保険証としてずっと使える!

  • マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引っ越ししても保険証の切換えを待つ必要はありません。

【注意】保険者への加入 喪失の手続きは引き続き必要となります。

医療保険の資格確認がスピーディーに!

  • カードリーダーにかざせは、スムーズに医療保険の資格確認ができ、医療機関や薬局の受付における事務処理の効率化が期待できます。

【注意】カードリーダーについては医療機関 薬局等で順次導入を進めていますが、導入されていない医療機関・薬局等では、保険証が必要となります。

窓口への書類の持参が不要に!

  • カードリーダーが設置された医療機関では、オンラインによる資格確認により、高額療養費の限度額適用認定証等の書類の持参が不要になります。

【注意】子ども医療費助成受給券や重度心身障がい者(児)医療費助成受給券等の医療費助成については、書類の持参が必要となります。

健康管理や医療の質が向上!

  • マイナポータルでご自身の薬剤情報や特定健康診査の結果を確認できるようになります。
  • 患者の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健康診査の結果を、また薬剤師も薬剤情報を確認できる等、より多くの情報をもとに診療や服薬管理が可能となります。

医療保険の事務コストの削減!

  • 医療保険の請求誤りや未収金が減少する等、保険者の事務処理のコスト削減につながります。

マイナンバーカードで医療費控除も便利に!

  • マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります。(令和3年11月開始)

よくある質問と回答

マイナンバーカードがないと受診ができなくなりますか?

 すべての医療機関や薬局で、今までと同じように健康保険証で受診することができます。
 また、健康保険証の更新がある国民健康保険や後期高齢者医療制度では、今までと同じように更新時期になりましたら、新しい健康保険証をお送りいたします。

すべての医療機関等でマイナンバーカードで受診できるようになりますか?

 マイナンバーカードで受診できるのは、カードリーダーが設置されている医療機関や薬局に限られます。
 カードリーダーを導入していない医療機関や薬局のほか、訪問看護ステーション、整骨院、接骨院、針灸院、あんま マッサージ施術所では、これまでどおり健康保険証の提示が必要となります。

就職や退職、扶養認定等により保険が変わった場合(保険者を異動した場合)の手続きは必要ですか?

 これまでどおり、保険者への異動届等の手続きは必要です。
 国民健康保険の加入や喪失のお手続きは加入者ご自身で行っていただきますので、忘れずにお手続きください。
鎌ケ谷市国民健康保険の届け出等についてはこちら

マイナンバーに関する個人情報は大丈夫なのですか?

 マイナンバー(12桁の数字)は使いません。
 マイナンバーカードの健康保険証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。
 医療機関や薬局の窓口でマイナンバーを取り扱うことはありませんし、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけされることもありません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

市民生活部 保険年金課 国民健康保険係

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎1階

電話:047-445-1204

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ