このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

みんなで考え、実行する「鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(改訂版)(2019年度(令和元年度)から2020年度(令和2年度)まで」

更新日:2019年6月27日

 鎌ケ谷市では、 「みんなで考え、実行する 鎌ケ谷市行財政改革推進プラン」に基づき、職員一丸となって行財政改革に取り組んでいます。
 同プランでは、平成28年度から平成32年度までを取組期間とし、「今後の状況の変化等による取組項目の追加又は変更の必要性が生じたときは、その都度見直しを行う」ものとしており、今般、具体的な取組項目の見直しを行った「みんなで考え、実行する 鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(改訂版)」を策定しました。
 今後は、「みんなで考え、実行する 鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(改訂版)」に基づいて、市民の視点に立った質の高い行財政運営を推進するとともに、官民の最適な役割分担のもと、民間活力の活用によりコストの削減とサービスの向上を図るなど、将来にわたって持続可能な行財政運営を確立し、本市の「総合基本計画」に掲げる目指すべき都市像「緑とふれあいのあるふるさと鎌ケ谷」の実現に向けて、全職員一丸となって行財政改革に取り組んでまいります。

1 改訂にあたっての方向性 

(1)鎌ケ谷市行財政改革推進プランの見直し
 鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(以下、「行革プラン」という。)は、平成28年2月の計画策定から3年が経過し、5年間の目標効果額である約4億1千万円をすでに達成するとともに、行革プランの推進体制において、変更の必要性が生じた場合は、その都度見直しを行うとされていることから、平成30年度の中間年を契機に見直しを実施し、行財政改革を推進するものとします。
(2)鎌ケ谷市第2次民間委託等推進計画の統合
 鎌ケ谷市第2次民間委託等推進計画(以下、「推進計画」という。)は、平成26年度から民間委託等を積極的かつ効果的に推進した結果、ほぼ計画の目標を達成したところです。推進計画の計画期間が、平成30年度で終了するとともに、「鎌ケ谷市第1次民間委託等推進計画」(平成21年度策定)から約10年間にわたり市の業務を見直し、積極的に民間へ委託してきたことで、一定の目途が立ったことなどから、今後は単独の計画は策定せずに、行革プランとの統合を図り、引き続き民間委託等を推進するものとします。

2 行財政改革の成果と今後の行財政運営の課題

(1)行財政改革の成果
 本市では、平成19年度決算において、国の三位一体改革や社会保障費の増加などの影響により、極めて厳しい財政状況に陥りましたが、すべての職員が危機的な財政状況を理解し、議会や市民のご協力のもと、行財政改革を断行したことにより、持続可能な行財政運営を早期に実現しました。
 この持続可能な行財政運営の考え方は、現在も維持され、総合基本計画の策定、行財政改革、予算編成などに活かされ、財政状況は健全な状況を維持しています。
 これら行財政改革で得られた財源は、積極的に本市のまちづくりに活かされ、都市基盤整備や公共施設の耐震化、教育環境や子育て支援施策の充実に活かされています。
(2)今後の行財政運営の課題
 今後の行財政運営にあたっては、人口減少に対する効果的な施策を講じなければ、近い将来人口が減少するとともに、急速な少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少、社会保障費の増加、公共施設の老朽化など乗り越えなければならない多くの課題があります。
 これらの課題を解決しつつ、新京成線の全線高架化を見据えたまちづくりや、東京10号線延伸新線の跡地活用のほか、治水対策や子ども達の安全確保策など、重要事業を遂行するための多くの財源を必要としています。
 このことから、今後の行財政運営の重要なポイントは、限られた財源、人材、資産を有効に活用し、『健全な財政状況の維持』と『将来のまちづくりへの積極的な投資』の2つのバランスを見極めながら、行財政運営に取り組むことが必要となります。 

3 計画の位置づけ及び計画期間

(1)計画の位置づけ
 みんなで考え、実行する「鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(改訂版)」は、「総合基本計画 後期基本計画」に掲げる「効率的で健全な行財政運営の推進」を実現するための計画となります。
(2)計画期間
 計画期間は、2019年度(令和元年度)から2020年度(令和2年度)までの2年間とします。

4 計画書

(1)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。みんなで考え、実行する「鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(改訂版)」【概要版】(PDF:1,080KB)
(2)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。みんなで考え、実行する「鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(改訂版)」【本 編】(PDF:1,662KB)

5 これまでの行財政改革に関する取組み

(1)みんなで考え、実行する「鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(平成28年度から平成32年度まで)」

(2)みんなで考え、実行する「鎌ケ谷市行財政改革推進プラン(平成23年度から平成27年度まで)」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

総務企画部 企画財政課 行財政改革推進室

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1073

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

鎌ケ谷市行財政改革推進プラン

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ