このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

議会改革の取り組み

更新日:2019年3月18日


議会改革とは…

 鎌ケ谷市議会では、地方分権が名実ともに加速し、市長事務部局等の執行機関の改革が進む中、市議会として平成19年度から議員定数削減、常任委員会の活性化などの改革を推し進めたところです。
 さらに平成31年5月から定例会の回数を年1回とする通年議会を導入し、さらなる議会機能の強化や、大規模災害時等の緊急時における迅速な対応、二元代表制の観点から議会の判断で本会議を開催する権利を確保するなど、今まで以上に議会の活性化を図ってまいります。

通年議会について

導入の目的

  1. 議会が長期間にわたり活動能力を有することで、議会機能の充実強化を図ります。
  2. 大規模災害時等の緊急時において迅速に対応できる体制を整えます。
  3. 二元代表制の観点から議会の判断で本会議を開催する権利を確保します。

会議の招集及び会期

  1. 定例会の招集回数を毎年1回とします。
  2. 会議は毎年5月に市長が定例会を招集し、議会が会期を決定します。その後の会議はすべて議長が開くことになります。
  3. 会期は、毎年5月から翌年4月までを基本とします。
  4. 会期中は、年4回(6月、9月、12月及び3月)開かれる定例の会議で、議案等の審議や一般質問を行います。この他必要に応じて臨時に会議を開きます。

主な改革内容

平成19年からの主な改革内容
実施時期実施項目改革内容
平成21年3月定例会常任委員会の再編成従来の4常任委員会を3常任委員会へ再編成しました。
平成23年6月定例会議員定数削減定数を27名から24名に削減しました。
平成24年6月定例会対面式の採用代表質疑や一般質問における議員の発言を、議員席の前に新たに設置した演台で行うこととしました。
平成24年9月定例会反問権の導入議会での論点・争点を明確にするため、行政側へ議員に対する質問権を付与しました。
平成26年3月定例会インターネット議会中継の実施市民への情報提供・広報活動として、インターネット議会中継を始めました。
平成27年4月議会だより定例会号のカラー化及び駅への配置議会だより定例会号の1面と4面をカラー化しました。また、議会だよりの市内の駅への配置を始めました。
平成28年6月定例会議会のペーパーレス化ノートパソコン、タブレット端末の議場への持ち込みを認め、電子化した資料の配付を始めました。
平成29年7月政務活動費に係る収支報告書等のホームページ公開政務活動費に係る収支報告書及び領収書について、議会ホームページでの公開を始めました。

問い合わせ

議会事務局

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎6階

電話:047-445-1191

ファクス:047-445-2053

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

鎌ケ谷市議会事務局

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
直通電話:047-445-1191 ファクス:047-445-2053

お問い合わせメールフォーム

© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ