Foreign Language

メニューを開く

行政評価

行政評価とは?

 鎌ケ谷市では、総合基本計画に掲げためざすべき都市像「人と緑と産業が調和し 未来へひろがる 鎌ケ谷」を実現するため、10の政策の下に33の施策、そして各施策の目的を達成するために、各部署で様々な業務(事務事業)を行っております。
 行政評価とは、行政の様々な業務を「当初期待した目的どおりに成果が上がっているか」「市民にとっての成果とは何か」といった視点で評価・検証することで、より効率的で効果的な行政運営を追求する手法です。

行政評価の目的

 鎌ケ谷市の行政評価の目的は、「効果的かつ効率的な市政の推進に資すること」「行政評価に関する情報を公表すること」「市民に対する説明責任を全うすること」の3つを掲げています。

(1)効果的かつ効率的な市政の推進に資すること

  • 職員の意識改革の推進(例えば、成果・コストなどへの気づき)や政策形成能力の向上(達成度による評価と企画立案能力)が期待され、効率性の高い行政サービスの実現が図られる。
  • 施策・事業の成果志向が高まるので、施策・事業の重点化が図られ、結果重視の行政運営が進められる。

(2)行政評価に関する情報を公表すること

  • 行政が自ら行政評価を行い、その結果等を公表することで、行財政運営の状況が市民の目にさらされることになり、効率化のインセンティブが働くようになる。

(3)市民に対する説明責任を全うすること

  • 市民に対する行政の説明責任を徹底することで、行政の透明性が確保されることにより、行政に対する信頼性の向上が図られる。

行政評価の仕組み

鎌ケ谷市の行政評価は、「事前評価」と「事後評価」の2つの手法により実施しています。

(1)事前評価(2年に1回、実施計画の策定時に実施)

 事前評価とは、鎌ケ谷市が各施策の目的を達成するために、令和8年度までに達成する具体的な目標や、目標を達成するためにどういった手段(事務事業)を行っていくかを事前に評価するもので、事前評価の結果に基づき、「前期基本計画」や「実施計画」を作成しています。

総合基本計画のページへのリンク

実施計画のページへのリンク

(2)事後評価

 事後評価は、会計年度(4月から3月まで)など一定の期間(過去)を振り返って、目的を再認識しながら、“実施した方法が適正であったか”“これから先、もっと良い方法はないか”などを考え、各事務を改善していくための評価です。