子育て・教育環境が充実した街

新米ママ・パパにも安心!

妊娠から出産、子育てまで、きめ細かなサポートをしています

welcome baby school


 鎌ケ谷市は、笑顔で赤ちゃんを温かく迎えられるように、保健師・助産師・栄養士・歯科衛生士・保育士・子育て支援コーディネーターなどが、きめ細かくサポートする街。

 初めてママ・パパになる方には「Welcome Baby School」を開催。

 出産後には、助産師や保健推進員がご自宅に訪問。ママの体調、母乳やミルクの相談などきめ細かい対応をしています。

 さらに、4か月児健康相談では、市民ボランティアと連携し、絵本の読み聞かせと絵本をプレゼント!

「子育て家庭」と「子ども達」がのびのびと育つ街!



 鎌ケ谷市は、市内に児童センターが5カ所ある街。6カ所目の建設も計画しています。

 各児童センターでは、保育士と保健師が連携して、「子育て親子の交流」や「子育ての悩み相談」、子ども達には「遊びや体験教室」を開催しています。

「保育園」と「放課後児童クラブ」の待機児童ゼロ継続中!


 鎌ケ谷市は、「乳幼児期の保育園、駅チカあっとほーむ」から「小学生の保育場所となる放課後児童クラブ」まで預かり保育に力を入れる街。6年連続して待機児童ゼロを達成しています。

 公立の保育園では、市の保健師も配置し専門的な指導を行うほか、「急病やリフレッシュに役立つ一時的な預かり」「地域の方への園庭開放」なども行っています。

 放課後児童クラブでは、すべてのクラブに専門の放課後児童支援員を配置。
 運営の際には、子どもの登下校の時間、防災などの緊急連絡を、保護者等のメールに配信するシステムを他市に先駆けて導入しています。

鎌ケ谷に誇りを持てる教育環境と豊かな心をはぐくむ街!



 鎌ケ谷市の小中学校は、様々な専門スタッフやサポート教員の配置が充実した街。

 現在、教職員のほか、次のような専門スタッフを配置中!

  1. 少人数教育指導教員(きらり先生)
  2. 特別支援教育推進教員(ほほえみ先生)
  3. 学校図書館司書
  4. ALT(外国語指導助手)
  5. 理科支援員

 鎌ケ谷市の小中学校は、すべての校舎等の耐震化が完了し、すべての教室にエアコンを設置、ICT教育環境(タブレット)も充実しています。トイレの洋式化も進めています。