このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度 鎌ケ谷市市民意識調査 調査結果報告

更新日:2019年6月1日

 市民意識調査は、市民の皆さんの声を今後のまちづくりに反映することを目的に、5年ごとに実施しています。

 昨年8月に実施した市民意識調査の調査結果がまとまりましたので、主な結果についてお知らせします。

調査概要

調査地域 鎌ケ谷市全域
調査対象 市内在住の18歳以上の市民
対象者数 3,000人
有効回収数 1,729件
有効回収率 57.6%

調査結果報告書

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。平成30年度鎌ケ谷市市民意識調査調査結果報告書(全体)(PDF:21,114KB)

1 定住意識

「住み続けたい」と感じている市民は71.5%に増加

問 これからも鎌ケ谷市に住み続けたいと感じますか。(回答は1つ)

 定住意識は、「住み続けたい(永住したい+当分の間、住みたい)」は一貫して増加傾向で、本調査では71.5%と7割強を占めています。一方、「移転を考えている(できれば移転したい+移転する)」は平成25年と同率で12.3%です。

【経年変化】

単位:%

 永住したい当分の間、住みたいできれば移転したい移転するわからない無回答
平成20年35.233.812.21.515.22.0
平成25年29.242.210.81.512.73.7
平成30年30.041.510.81.513.52.7

2 住みよさ意識

「住みよい」と感じている市民は56.3%に増加

問 鎌ケ谷市を住みよいところと感じますか。(回答は1つ)
 住みよさ意識は、「住みよい(住みよい+まあ住みよい)」は一貫して増加傾向で、本調査では56.3%で5割台半ばを占めています。一方、「住みにくい(やや住みにくい+住みにくい)」は一貫して減少傾向にあり、本調査では12.6%です。

【経年変化】

単位:%

 住みよいまあ住みよい普通やや住みにくい住みにくい無回答
平成20年14.131.236.512.64.41.2
平成25年13.838.430.810.03.43.6
平成30年15.840.528.58.34.32.5

3 鎌ケ谷らしさ

鎌ケ谷らしさを感じさせるものは「名産の梨や梨ワインなどのふるさと産品」が39.6%で最多

問 「鎌ケ谷らしさ」を感じさせ、愛着や誇りを持つことができるものは何ですか。(回答は2つ以内)
 鎌ケ谷らしさを感じさせるものは、「名産の梨や梨ワインなどのふるさと産品」が39.6%で最も高く、約4割を占めており、次いで「ファイターズタウン鎌ケ谷」(29.2%)、「交通の便のよさ」(27.8%)、「豊かな自然」(20.3%)と続いています。

鎌ケ谷らしさを感じさせるもの


4 市の施策・サービスへの満足度・重要度

今後の重要度が高いとされた施策・サービスは「道路の整備」、「保健・医療の充実」、「地震などの防災対策」など
また、現在の満足度が低く、今後の重要度が高いとされた施策・サービスは、「道路の整備」、「魅力ある商店街づくり」、「駅周辺の整備」など

問 鎌ケ谷市の施策・サービスについて、「現在の満足度」と「今後の重要度」をどのようにお考えですか。(項目ごとに回答は1つずつ)

 市の施策・サービスへの満足度が高い項目は、「ごみ・し尿処理対策」、「消防力の充実」、「新しい市街地の整備」、「コミュニティづくり」、「生涯学習の充実」と続いており、今後の重要度が高い項目は、「道路の整備」、「保健・医療の充実」、「地震などの防災対策」、「防犯対策」、「駅周辺の整備」と続いています。

 なお、現在の満足度が低く、今後の重要度が高いとされた施策・サービスは、「道路の整備」、「魅力ある商店街づくり」、「駅周辺の整備」、「交通安全対策」、「既成市街地の整備・再開発」などです。


現在の満足度が高いもの今後の重要度が高いもの
ごみ・し尿処理対策道路の整備
消防力の充実保健・医療の充実
新しい市街地の整備地震などの防災対策
コミュニティづくり防犯対策
生涯学習の充実駅周辺の整備

5 市政についての不満の有無

市政についての不満が「特にない人」は39.2%

問 市政について不満や納得できないことがありますか。(○は1つ)
 市政についての不満が「特にない人」は39.2%で最も高く、約4割を占めており、不満が「ある人」の23.6%を上回っています。

市政についての不満の有無


6 子育て環境を整備するために必要な施策

必要とされる施策は「子どもの医療費助成などの経済的支援の充実」が48.3%で最多

問 子どもが健やかに育てられる環境を整備するために、どのような施策が必要だと思いますか。(○は主なものを3つ以内)
 子育て環境を整備するために必要な施策は、「子どもの医療費助成などの経済的支援の充実」が48.3%で最も高く、5割弱を占めており、次いで「一時保育、延長保育などの多様な保育サービスの充実」(39.0%)、「待機児童解消に向けた保育サービスの拡充」(38.8%)と続いています。

子育て環境を整備するために必要な施策


7 小・中学校における教育環境の充実のために必要な施策

必要とされる施策は「いじめや不登校等への対応」が54.1%で最多

問 鎌ケ谷市の小・中学校における教育環境の充実のため、どのような施策が必要だと思いますか(○は主なもの3つ以内)
 小・中学校における教育環境の充実に必要な施策は、「いじめや不登校等への対応」が54.1%で最も高く、5割台半ばを占めており、次いで「児童生徒に合わせた、きめ細やかな指導の充実(少人数教育指導教員・きらり先生など)」(41.5%)、「道徳教育の充実」(36.7%)と続いています。

小・中学校における教育機関の充実のために必要な施策


8 児童虐待への対応

児童虐待を受けている子どもを見つけたときに、「通報できる」が54.5%。
また、通報できない理由は「通報してよい状態かどうか分からない」が81.5%で最多

問 近所で児童虐待を受けていると思われる子どもを見つけたとき、市役所や児童相談所、警察等に通報できますか。(○は1つ)
 児童虐待を受けている子どもを見つけたとき、市役所や児童相談所、警察などに「通報できる」は54.5%で5割台半ばを占めており、次いで「分からない」(40.4%)、「通報できない」(3.8%)と続いています。
 なお、「通報できない」、「分からない」と回答した理由は、「通報してよい状態かどうか分からない」が8割強を占めています。

児童虐待への対応


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

総務企画部 秘書広報課 広報広聴室

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1088

ファクス:047-445-1193

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

鎌ケ谷市市民意識調査 調査結果報告

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ