このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
北千葉道路建設促進期成同盟 平成3年2月7日 設立
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度要望活動

更新日:2019年9月4日

平成30年7月19日(木曜日)

要望先

千葉県 知事、県土整備部長、都市整備局長、計16名

平成30年7月24日(火曜日)

要望先

財務省 大臣、副大臣、政務官、事務次官 計9名

国土交通省 大臣、副大臣、政務官、事務次官 計27名

国会議員 地元選出衆議院・参議院議員 計17名

平成30年8月8日(水曜日)

要望先

国土交通省関東地方整備局 局長、道路部長、道路企画官、計4名

平成30年8月16日(木曜日)

要望先

国土交通省関東地方整備局 千葉国道事務所長、首都国道事務所長 計2名

要望書(財務省、国土交通省、国会議員宛)

北千葉道路建設促進期成同盟
会長 鎌ケ谷市長 清水 聖士

【要旨】
北千葉道路の早期整備について

【内容】 
 北千葉道路は、東京外かく環状道路(外環道)と成田国際空港を最短ルートで結び、沿線にある千葉ニュータウン・成田ニュータウンを連絡する道路です。
 また、沿線地域における慢性的な交通混雑などの課題を解決するとともに、首都圏北部から機能拡充が図られた成田国際空港までの所要時間の短縮による国際競争力の強化や県北西部における地域産業振興や経済の好循環をもたらすストック効果、地盤の強い北総台地上をルートとする緊急輸送路の役割が期待され、本年6月の外環道の開通に伴い、北千葉道路の整備への機運が一段と高まっているものと確信しております。
 北千葉道路全体約43キロメートルのうち、既に約26キロメートルが供用し、成田市船形から押畑間約3.8キロメートルが本年度内に開通予定であり、東側の成田市内の約3.7キロメートルにつきましても、整備が着々と進められていると聞いております。
 残る、西側に位置する市川市から鎌ケ谷市までの約9キロメートルの区間を含む、小室IC以西の約15キロメートルについては、平成29年度に開催された千葉県道路協議会において、西側区間(市川市から小室IC)の自動車専用道路を直轄事業と有料事業の合併施行の計画とすること、都市計画変更及び環境アセスメント手続きに向け国が協力することとの方針が確認されました。
 このことを受け、千葉県においては、平成30年1月より都市計画変更及び環境アセスメント手続きに着手し、全線開通に向けてご尽力いただいております。
 つきましては、北千葉道路の重要性や現状を御理解、御賢察いただき、地域にとって利便性の高い道路とするとともに早期全線開通の実現に向けて、次の事項について、特段の御高配を賜りますよう、ここに要望いたします。
1.全線開通の実現に向け、西側区間(小室IC以西)の早期事業化及び全線の直轄編入を図ること。
1.北千葉道路の西側区間(小室IC以西)は、

  • 有料道路事業制度を活用し、専用部と一般部を併設した規格の高い道路を早期に整備すること。
  • 道路構造及びインターチェンジの位置の検討にあたっては、引き続き、国・県・沿線市で協議するとともに、地域の活性化に寄与するよう、配慮すること。
  • 都市計画変更及び環境アセスメント手続きについては、引き続き、千葉県が速やかに進めていくことが出来るよう協力すること。

1.北千葉道路の成田市内の事業中区間は、      

  • 国施行区間については、今年度の開通に向け着実に整備を促進するとともに、引き続き、4車線での整備を図ること。

1.長期安定的に道路整備・管理を推進するため、新たな財源の創設を検討するとともに、平成31年度は道路予算全体を増額し、必要な予算を確保すること。

北千葉道路建設促進期成同盟

会長 鎌ケ谷市長 清水 聖士
副会長 市川市長 村越 祐民
副会長 印西市長 板倉 正直
委員 船橋市長 松戸 徹
委員 松戸市長 本郷谷健次
委員 成田市長 小泉 一成
委員 白井市長 伊澤 史夫
委員 市川市議会議長 竹内 清海
委員 船橋市議会議長 鈴木 和美
委員 松戸市議会議長 深山 能一
委員 印西市議会議長 藤代 武雄
委員 鎌ケ谷市議会議長 勝又 勝
監事 成田市議会議長 伊藤 竹夫
監事 白井市議会議長 秋本 享志

国に対する要望活動を実施

 財務省、国土交通省、国会議員への要望活動を7月24日(火曜日)に行いました。
今回は、本期成同盟会長である清水鎌ケ谷市長が、尾原船橋市副市長、牧野松戸市副市長、杉山印西市副市長、伊藤白井市副市長、横地市川市道路交通部長、伊藤成田市議会議長、勝又鎌ケ谷市議会議長とともに、財務省 木原稔副大臣、国土交通省 あきもと司副大臣との面談が実現し、北千葉道路の早期事業化を要望しました。
 なお、国土交通省及び財務省への要望活動後、地元選出衆参国会議員への要望活動を行いました。

要望活動 面談の様子

財務省での面談


財務省 木原稔副大臣への要望


図面を基に説明



国土交通省での面談


国土交通省 あきもと司副大臣への要望


図面を基に説明



国土交通省 秋本真利政務官への要望活動


国土交通省 田端浩審議官への要望活動


国土交通省 石川雄一道路局長への要望活動


衆・参国会議員会館にて 地元選出議員への要望活動


生方幸夫 衆議院議員への要望活動



千葉県に対する要望活動を実施

 千葉県への要望活動を7月19日(木曜日)に行いました。
今回は、本期成同盟会長である清水鎌ケ谷市長が、板倉印西市長、小泉成田市長、伊澤白井市長、伊藤成田市議会議長、秋本白井市議会議長、鈴木船橋市議会議長、深山松戸市議会議長、藤代印西市議会議長、勝又鎌ケ谷市議会議長、牧野松戸市副市長、大石船橋市局長、米崎市川市次長を始めとする委員とともに、森田健作千葉県知事へ、北千葉道路の早期事業化を直接要望しました。

森田健作 千葉県知事への要望活動

要望活動の写真

関東地方整備局へ要望活動を実施

 関東地方整備局への要望活動を8月8日(水曜日)に行いました。
今回は関東地方整備局 石原康弘局長と山本悟司道路部長への面談が実現し、本期成同盟会長である清水鎌ケ谷市長が牧野松戸市副市長とともに、北千葉道路の早期事業化について要望しました。
 また、千葉国道事務所、首都国道事務所への要望活動を8月16日(木曜日)に行いました。

要望活動 面談の様子

関東地方整備局での面談


石原康弘局長と山本悟司道路部長への要望活動


図面を基に説明



千葉国道事務所での面談


八尾光洋 千葉国道事務所長への要望活動


首都国道事務所での面談


甲斐一洋 首都国道事務所長への要望活動


【平成30年度】会議 【平成25年度】以降の活動内容へ戻る

問い合わせ

都市建設部 道路河川整備課 北千葉道路建設促進期成同盟事務局

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎4階

電話:047-445-1449

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

北千葉道路建設促進期成同盟

鎌ケ谷市役所 都市建設部 道路河川整備課
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
直通電話:047-445-1449 ファクス:047-445-1400
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ