画像:右向き三角形鎌ケ谷市のホームページへ

市章鎌ケ谷市議会 Kamagaya City Council

定例会 会議録検索 議会だより 議員名簿 市議会のしくみ 請願・陳情のしかた
傍聴のしかた 発議案 特別委員会 議長交際費 行政視察のご案内 政務活動費

鎌ケ谷市議会>議会改革の取り組み


議会改革の取り組み

議会改革とは・・・

 鎌ケ谷市議会では、地方分権が名実ともに加速し、市長事務部局等の執行機関の改革が進む中、市議会として平成19年度から議員定数削減、常任委員会の活性化などの改革を推し進めたところです。
 さらに本格的、積極的な議会改革に取り組み、住民の代表機関である議会の活動を住民に理解が得られるよう開かれた議会運営の構築を目指すため議会改革に取り組みました。

平成23年度からの主な改革内容


 平成23年9月から平成25年3月まで議会運営委員会において19回の会議を重ね、様々な改革を検討しました。 主な改革は以下のとおりです。

○ 対面式の採用
 代表質疑や一般質問の際に、議員が登壇することを廃止し、議席の前に新たに演台を設置しました。(平成24年6月定例会から実施)

○ 反問権の導入
 議会での論点・争点を明確にするため、行政側へ議員に対する質問権を付与しました。(平成24年9月定例会から実施)

○ インターネット議会中継の実施
 市民への情報提供・広報活動として、インターネット中継の実施形態を決定しました。
  1. 中継の範囲は本会議
  2. 中継方法は生中継及び録画中継
  3. 中継システムはUstream(ユーストリーム)などの動画配信サイトを利用
  4. 老朽化した議場の音響及び映像機器の全面改修を行う




鎌ケ谷市議会>議会改革の取り組み