Foreign Language

メニューを開く

令和4年就業構造基本調査について

更新日:2022年8月1日

令和4年就業構造基本調査について

1 調査の目的

 就業構造基本調査は、就業の実態を種々の観点からとらえ、我が国の就業構造を全国だけではなく、地域別にも明らかにし、国や都道府県における雇用政策、経済政策などの各種行政施策立案の基礎資料を得ることや学術研究のための利用に資することなどを目的として実施します。

2 調査の期日

 令和4年10月1日(土曜日)

3 調査の対象

 統計理論に基づき無作為に選ばれた全国の約54万世帯(15歳以上の世帯員約108万人)

4 調査の方法

 9月上旬から市の調査員が調査対象となる地域にうかがい、調査地域の範囲の確認や、町内会や自治化へのポスターの掲示などを依頼します。その後、9月下旬に調査対象地域から無作為に選ばれた世帯のご自宅を市の調査員が訪問して、調査の趣旨などを説明のうえ、調査書類を配布します。回答は、紙の調査票に加え、パソコンやスマートフォンを使って、インターネットで簡単に行うことが可能です。調査の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いします。
 就業構造基本調査をよそおった詐欺(さぎ)や不審な調査にはご注意ください。

問い合わせ

総務企画部 総務課 行政室

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1056

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム