Foreign Language

メニューを開く

ウクライナ避難民の受入れを表明します

更新日:2022年9月8日


The City of Kamagaya announces its willingness to accept Ukrainian evacuees

 ロシア軍のウクライナへの侵攻後、ウクライナでは多くの方が、国外へ避難を強いられている状況にあります。
 鎌ケ谷市では、日本政府が表明したウクライナ避難民受入れの趣旨に賛同し、人道的な見地からウクライナ避難民の受入れを表明します。
 具体的な支援は、避難を余儀なくされた方々が、安定的に避難生活を送ることができるよう、相談窓口の開設、住居の提供、支援金の支給等を実施します。

 Ukraine has suffered a serious damage since Russian army invaded their homeland, and
many Ukrainians are being forced to flee their country. Supporting Japan’s willingness to
embrace Ukrainian evacuees as humanitarian action, the City of Kamagaya expresses its
intention to accept the evacuees.
 More specifically, the City of Kamagaya will provide Ukrainian evacuees who resettle in
the City with a dedicated help desk, housing and financial support to help them to lead a
safe and secure life.

支援の内容
Support details

住居の提供
Housing

  • 市営住宅3戸の提供
    【注釈】要望状況に応じて賃貸住宅などの提供も実施
    Public housing (three units)
    Note Rental apartments will be provided in some cases.
  • 住宅使用料は、当面の間無償
    Rent is free for the time being in either case.
  • 家財道具の設置
    Furniture and household appliances

生活支援金の支給
Financial support

鎌ケ谷市への受入れが決定した場合、生活支援金16万円(1世帯あたり)を支給します。
 The City of Kamagaya will offer Ukrainian evacuees a onetime payment of 160,000 yen per
household once they are accepted in the City.

避難に関する相談窓口
Help desk for Ukrainian evacuees

ウクライナから避難された方が、文化や生活習慣が異なる地で生活する上での不安を解消するため、相談窓口(総務企画部 企画財政課 企画政策室)を開設します。
 The City has established a help desk for the evacuees from Ukraine (at Policy Planning
Section, Policy Planning and Finance Division, General Affairs and Planning Department) to provide information and consultations so that they can fit into new environment.

対象
Intended for

ウクライナから避難されてきた方や市内在住で避難民受入を予定している方など
 Ukrainian evacuees and Kamagaya residents who are going to accept Ukrainian evacuees

対応言語
Available languages

英語 English
【注釈】ウクライナ語・ロシア語は調整中です
Note Ukrainian and Russian interpreters are being arranged.

開設時間
Open hours

週2回(火曜日・木曜日の午前9時から午後4時まで)
【注釈】日本語による相談は、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで対応可能です(土曜日・日曜日・祝日除く)。
 Two days a week (Tuesdays and Thursdays 9:00 am - 4:00 pm)
 Note  Inquiries and consultations in Japanese are available Monday - Friday 8:30 am - 5:15 pm excluding Saturdays, Sundays and national holidays.

連絡先
Contact

【Tel】 電話:047-445-1073

通訳支援ボランティアを募集しています
Interpreter volunteers sought to help Ukrainian evacuees

ウクライナから避難された方が、言葉の壁で困ることがないよう通訳していただけるボランティアの方を募集します。
 Interpreter volunteers are being sought for Ukrainian evacuees to care for them with communication difficulties.

対象
Eligibility

「ウクライナ語」または「ロシア語」と日本語の通訳が可能な方(満18歳以上)
 Ukrainian or Russian/Japanese interpreters aged 18 and over

主な活動内容
Main activities

相談窓口や学校等での手続きなどへの同行及び通訳
 Accompanying them and interpreting during consultations, school entry procesures, and so on.
【備考】申込みなどの詳細は「ウクライナ支援民への支援について」のページを確認してください。
 Note  For more information about the application procedure, please visit the Supporting Ukrainian Evacuees page.

問い合わせ

総務企画部 企画財政課 多文化共生推進センター

〒273-0101 千葉県鎌ケ谷市富岡一丁目1番3号 きらり鎌ケ谷市民会館内

電話:047-442-1850

ファクス:047-442-1851