このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

常設展示のご案内

更新日:2018年6月25日


鎌ケ谷市内に残されている考古・歴史・民俗などの資料を中心に、原始・古代から現代までを4つのコーナーで構成し、展示しております。

土にきざまれた鎌ケ谷(原始~中世)

土偶の写真

今から、23,000年前の旧石器時代の東林跡(ひがしはやしあと)遺跡から出土した石器や縄文時代の代表的な遺跡(根郷(ねごう)貝塚・中沢(なかざわ)貝塚など)から出土した土器・石器を中心に展示しており、特に根郷貝塚の人骨は県内でも重要な資料です。また、平安時代初期の特殊な性格をもった双賀辺(すがへ)遺跡から見つかった遺物と復元住居を展示しています。その他、中世の板碑(いたび)蔵骨器(ぞうこつき)なども展示しています。


牧と鎌ケ谷宿(近世)

小金牧大絵図

江戸時代の鎌ケ谷のようすを知ることができる「検地帳(けんちちょう)」や村絵図、渡辺崋山(わたなべかざん)画の「四州真景図(ししゅうしんけいず)」の写真パネルなど、江戸と利根川を結ぶ木下街道(きおろしかいどう)宿場(しゅくば)として栄えた鎌ケ谷宿関係資料を展示しています。また、江戸時代の市域には、江戸幕府直営の小金中野牧(こがねなかのまき)(右図:小金牧大絵図)が広がっていました。その頃の古文書なども展示しています。


養殖大絵馬

新しい時代の胎動(たいどう)(近代・現代)

時代が江戸から明治に変わるとき、日本全国を二分する戊辰(ぼしん)戦争が勃発し、市域の人々もその渦中に巻き込まれました。佐津間(さつま)出身の志士渋谷総司(しぶやそうじ)赤報隊(せきほうたい)事件や、市川・船橋戦争などの幕末・維新期の資料を展示しています。また、中野牧を開墾(かいこん)した初富村の人々の苦労を伝える「開墾絵馬」(右図:養殖大絵馬)や政治・社会制度の改革などの資料を展示しています。その他、明治時代から第二次世界大戦直後頃までの教科書や鎌ケ谷の交通・運輸に関係の深い東武鉄道・新京成電鉄など鉄道係資料も展示しています。


鎌ケ谷の民俗

生活用品の展示写真

明治から昭和にかけての生活の場で使用された長火鉢(ながひばち)柳行李(やなぎごうり)などの生活用品(右図)、食器や貯蔵具などの民具を展示しています。また、市内でかつて行われていた米作りの概要がわかるように、農具・写真パネルなども展示しています。

問い合わせ

生涯学習部 文化・スポーツ課 郷土資料館

〒273-0124 千葉県鎌ケ谷市中央一丁目8番31号

電話:047-445-1030

ファクス:047-443-4502

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ