このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市長のつぶやき(2018年5月15日)

更新日:2018年6月25日

30年度予算「子どもからお年寄りまで、ずっと住み続けたい街」を目指して

 本市では、これまで行財政改革に継続的に取り組み、「鎌ケ谷市財政健全化計画」に基づき未来を見据えた行財政運営を行ってきました。その成果として、国が定める地方公共団体の財政状況を示す統一的な指標で、本市は健全な財政状況を維持しています。そのような状況の中、今後とも少子高齢化の進展への対応が求められる他、街づくりに欠かせない事業を推進する必要があるため、30年度もメリハリのある予算編成を行いました。
 具体的には、保育所受け入れ枠の拡大や民間保育所の誘致に積極的に取り組んできた結果、「4年連続」待機児童ゼロという目標を達成したところですが、さらなる保育需要の高まりを受けて、引き続き子育て支援策として民間保育所や駅チカあっとほーむ(小規模保育事業)の積極的な誘致、幼稚園就園奨励費や預かり保育運営費補助金の交付などを行います。
 また、地震などの自然災害に対応するため、中央消防署の改修工事や全国瞬時警報システム(J-ALERT)新型受信機の導入、治水対策として二和川の拡幅およびバイパス整備などを行い、防災面の強化・充実を図ります。
 さらに、教育環境の面では、小学校のトイレ洋式化や、新たに中学校の楽器更新を行う他、児童生徒の交通安全を図るために、通学路の整備を実施します。また、高齢者がその方の自宅や地域で安心して暮らせるために、地域包括ケアの推進に取り組みます。
 30年度予算では、これらの(1)地震・災害に強い街づくり(2)子育て世代にやさしい街づくり(3)高齢者が安心して暮らせる街づくり (4)文化・スポーツの振興と緑あふれる街づくり(5)にぎわいの創出と未来を見据えた街づくり、の5本の街づくりを柱に据えて重点的に事業展開し、市の魅力をさらに向上させる予算を編成しました。

2018年5月15日

清水 聖士

問い合わせ

総務企画部 秘書広報課 秘書係

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1080

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長のつぶやき(2018年)

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ