このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市長のつぶやき(2018年1月1日)

更新日:2018年6月25日

子どもからお年寄りまで ずっと笑顔で

 新年、明けましておめでとうございます。市民の皆さまにおかれましては、健やかな新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。新年にあたり、街づくりに向けた思いを述べさせて頂きます。

「ゆれにくい街」鎌ケ谷へお引越し

 昨年暮れ、ある幼稚園長からお話を聞きました。熊本地震で被災されたある御家族が自宅で暮らせないため、関東地方に引っ越そうと考え、インターネットで「ゆれにくい街」を見つけ、鎌ケ谷市に引っ越して来られたそうです。被災されたことには本当に心が痛みますが、鎌ケ谷市を選んで頂けたのはうれしいことです。
 市のPRが功を奏している面や、昨年6月には防災拠点となる市役所の免震改修工事を完了し、これで市内全小・中学校を含めすべての公共施設の耐震化を終え、地震に強い街になってきたこと、また、待機児童対策を積極的に進め3年連続で待機児童ゼロを達成したこと等を要因として、子育て世代の流入が続き、市の人口も徐々に増え、昨年12月1日現在で109,937人と、11万人まであと63人と迫ってきました。

急ピッチで進む新京成線高架化 ~お年寄りも歩きやすく~

 鉄道に関しては、新京成線の津田沼方面の高架運行が10月21日に開始され、交通渋滞の緩和に向けて半歩前進しました。松戸方面も完成すると、市内12箇所の踏切が無くなり、道路渋滞が緩和し、高齢の歩行者も歩きやすくなります。平成31年度の全面高架化の完成を目指し事業を推進していきます。

日本ハム新人 清宮幸太郎選手などが鎌ケ谷市民に

 昨年はファイターズとの協働事業となる『鎌ケ谷ラン・フェスタ』を実施したり、『ファイターズ鎌ケ谷スタジアム』誘致20周年を記念し、選手が普段、寮で食べているものと同じメニューを市内の小・中学校の給食で提供し、大谷翔平選手の肉声で給食の思い出などを校内放送しました。大谷選手はメジャーに行ってしまいますが、入れ替わるように清宮幸太郎選手をはじめとする期待の新人が入団します。ファイターズと街全体を更に盛り上げていきたいと考えています。

さらなる発展へ 北千葉道路の早期事業化

 将来の展望に欠かせないのが北千葉道路です。有料道路のスキームが示され、現在事務作業が進められているところですが、市としては一日も早く鎌ケ谷から首都高まで高速道路をつなげたいと考えており、千葉県市長会会長という私の立場も活用し、早期実現に繋げていくつもりです。

企業誘致に向けて条例制定

 新京成線の高架化、北千葉道路の事業化等が進むと、企業にとって鎌ケ谷市は魅力ある街になります。この機会を逃すことなく、企業の進出を促すため、昨年12月、企業誘致促進条例を制定し、財源面からの支援策を講じることにしました。市民の皆さんの雇用の拡大も図ってまいります。

 このように、子どもから、働き盛りの皆さん、お年寄りまで、すべての世代が今年も笑顔で暮らせるよう、市政運営に全力で取り組む決意ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日

清水 聖士

問い合わせ

総務企画部 秘書広報課 秘書係

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1080

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ