このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

外国人等の観光振興及び国道464号の自転車関連施設の整備について(平成28年3月9日回答)

更新日:2018年6月25日

ご意見

 将来に向けた街づくりについて、地元が少しでも活性化するよう、現実性はあまり考慮しておりませんが一つの考え方として意見させて頂きます。
 成田スカイアクセス線をはじめ成田空港への中継地としての地理的優位性を活かした街づくりの必要性を感じます。一つは、外国人を含む観光客(ビジネス客)が「時間調整」「隙間時間」にちょっと立ち寄ろうと(海外へ行く前、帰る時等)思える街づくり。もともと北総地域は観光スポットが少ないため、既存の地場産業に加え、新たな魅力を創造する必要があるかと思います。外国人観光客の流入を意識した場合、アートや芸術が融合する街をコンセプトとすることも一つの方策かと考えます。現代アートを街に点在させ、ミュージアム(美術等)、デザイン建築が多数存在するなど、アートが生活に密着している外国人の趣向に対してもある程度合致させることが可能と考えます。アートそのものも、無名の若手デザイナーを活用し、デザイン費を抑制するとともに、アーティストを育成する街として機会を提供する。四国の直島は有名デザイナーを活用しておりますが、世界的なアピールへと繋がっております。
 二つ目は、隣接地域と連携して464号線を自転車の街道としてのメッカ(スタート地点)とする。464号線沿いには関連施設(駐車場、整備場、食事処,着替え&風呂等)を誘致し、街としての宣伝効果も高く他県からの流入も見込めると思われます。

回答

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、今後、外国人観光客の一層の増加が予想されます。本市は、成田空港及び東京の中間地にあり、ご意見にありますように、「隙間の時間」で来訪していただける可能性を秘めていると考えます。
 現在、本市のどのような観光資源が、外国人の方に魅力的であるのか調査すべく、アジアを中心とした留学生を対象として、モニターツアーを実施しているところであり、今後は、ツアーの調査結果を踏まえたインバウンド向け観光施策を展開してまいります。
 ご提案いただいたアートによる外国人観光客の誘致につきましては、提案内容を市の関係部署に回覧いたしました。
 また、国道464号の自転車の街道につきましても、提案内容を道路管理者である千葉県に情報提供いたしました。
 今回いただいたご提案は、今後の行政運営の参考とさせていただきます。

[担当:商工振興課、道路河川整備課]

問い合わせ

総務企画部 秘書広報課 広報広聴室

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1088

ファクス:047-445-1193

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

道路・河川について

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ