鎌ケ谷市シティプロモーション
TEL. 047-445-1141

〒2730195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-6-1

ILLUMINATION2013-2014

平成26年度の取り組み



1 平成26年8月5日(火)第8回部会を開催。

  • ○ロゴマーク「ゆれにくいまち鎌ケ谷」の認知向上や愛着向上のため、名前募集を行うこととなった。
  • ○募集対象は、広く募集するため制限を設けず、選考委員は、地の利活用部会の構成員等とした。
  • ○各賞に対する記念品の贈呈については、各構成員に検討していただくことになった。
  • ○啓発物資の作成については、ロゴマークを活用したエコバッグ、ティッシュ等のサンプルを市で用意することとなった。

2 平成26年10月27日(月)第9回部会を開催。

  • ○シールについては、他の活用可能性を各構成員で検討し、事務局まで連絡いただくこととなった。
  • ○エコバッグについては、素材をポリエステル、大きさはLサイズのものを300部、ポケットティッシュについては、3,000部作成する方向でデザイン等調整を続けていくこととなった。

3 平成27年1月23日(金)第10回部会を開催。

  • ○シールについては、市民の利便性向上部会の中の鎌傘事業で作成しているため、引き続き、実施を検討していくこととなった。
  • ○エコバッグについては、素材や大きさ、デザインについて協議し、意見のあった内容を踏まえ、再度部会員に例示し、調整を続けていくこととなった。
  • ○ポケットティッシュについては、デザインは、ゆれにくいまちロゴマークを中心に、両サイドに県のゆれやすさマップ抜粋を配置し、余白には、鎌ケ谷市の交通利便性を表す絵を入れて作成していくこととなった。



1 平成26年8月5日(火)第9回部会を開催。

  • ○イルミネーション事業については、増設場所(新鎌ケ谷駅南口ロータリー中島)については、承認されたが、点灯式の実施内容、場所、点灯期間等は、再度検討することとなった。
  • ○桜の樹の植樹については、事務局案とおり、H26年度は市民参加等の仕組み作りを検討していき、H27年度に実施していくことで承認され、市制記念公園付近から(仮称)総合運動公園緑道にかけて植えていくこととなった。

2 平成26年10月27日(月)第10回部会を開催。

  • ○点灯式の実施内容、場所、点灯期間、撤去期間、実施体制等、事務局案のとおりで承認された。
  • ○桜の樹の植樹については、他市で実施している事例を報告し、イメージの共有を図った。

3 平成27年1月23日(金)第11回部会を開催。

  • ○点灯式、点灯後の風景、市民等の反応、街頭アンケートなどの報告を行った。
  • ○桜の樹の植樹については、制度のフロー図を例示し、進捗状況の報告を行った。



1 平成26年8月5日(火)第8回部会を開催。

  • ○“鎌傘事業”については、10月1日(水)から開始する方向で進めていくこととなった。
  • ○試行段階として、「アクロスモール新鎌ケ谷店」、「東武鉄道新鎌ケ谷駅」、「東横イン新鎌ケ谷駅前店」、「鎌ケ谷市役所」の4か所で実施していくこととなった。
  • ○維持管理については、設置場所の施設管理者で管理していくこととなった。

2 平成26年10月27日(月)第9回部会を開催。

  • ○10月から実施した“鎌傘事業”について、傘立ての設置場所や開始日当日のPR活動、報道機関に取り上げられた記事、使用状況などの報告を行った。
  • ○今後、ほかの企業にも声かけし、設置箇所の増設に併せて、再度、PR活動を実施していくこととなった。

3 平成27年1月23日(金)第10回部会を開催。

  • ○設置場所の増設(民間企業や公共施設)
    4月開催予定の本会で、構成員全員に鎌傘事業について、参加の呼びかけをすることとなった。
  • ○増設開始時期
    新聞等に記事として取り上げてもらうなどのパブリシティ獲得のため、インパクトを重視して平成27年6月11日(木)の「傘の日」に実施する方向で検討していくこととなった。
  • ○返却率向上のため、既存及び追加ポスターについては、文言等を一部修正することとなった。



1 平成26年8月5日(火)第8回部会を開催。

  • ○「市PR映像」について、15秒バージョンと30秒バージョンの完成報告を行った。
  • ○集客人数の多い市民祭りの会場内で市のPR映像が流せる方法がないのか検討していくこととなった。
  • ○デジタルサイネージについて、他市の事例等を含め、研究していくこととなった。
  • ○平成26年度の各部会の事業については、周知ポスターを各企業で掲示をすることとなった。

2 平成26年10月27日(月)第9回部会を開催。

  • ○各企業・団体が情報発信できる手段について把握するために、今後、全構成員に対し調査を行うこととした。
  • ○デジタルサイネージについて、業者から説明を受けた。

3 平成27年1月23日(金)第10回部会を開催。

  • ○情報発信の仕組みについては、今回実施したPR調査の結果を4月開催予定の本会で、全構成員に対し公表して、調査でいただいた回答をもとに各構成員が自主的に情報発信をしていく体制を構築していくこととなった。
  • ○デジタルサイネージについて、各市の実施状況について調査を行い、次回の部会で報告することとなった。