鎌ケ谷市シティプロモーション
TEL. 047-445-1141

〒2730195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷2-6-1

ILLUMINATION2013-2014



平成25年度の取り組み



1 平成25年7月30日(火)第5回部会を開催。

  • ○ロゴマークのブランド価値の向上については、市で商標登録に向けた手続きを進めていくこととなった。
  • ○ロゴマークの使用基準、PR、他の地の利を含めた啓発物資等の作成については、アイディアを改めて構成員へ照会することとなった。
  • ○ロゴマークの応募作品の展示については、市の公共施設で展示していくとともに、企業店舗等に依頼していくこととなった。
  • ○最優秀賞以外のロゴマーク作品の取扱いについては、市で案を作成し、次回以降の部会で検討していくこととなった。

2 平成25年10月10日(木)第6回部会を開催。

  • (1)ロゴマークPRポスター等の検討について
    • ○以下のとおり修正を行い、改めて協議することとなった。
    •   [1]ポスター
      • ・上半分を「ゆれにくい」、下半分を「その他の地の利」として、子育て環境と交通の便の良さをPRする。
      • ・ゆれやすさマップの範囲を松戸・柏から船橋・浦安あたりに縮め、SI増幅率の説明を加える。  
      • ・QRコードを付ける  
      • ・飛行機の絵は、成田空港・新鎌ケ谷・日本橋を最も強調し、柏と船橋を2番目に強調する。また、鉄道の線を見やすくする。  
      • ・緑が豊富なことも説明を加える。
    •   [2]中吊り広告
      • ・タイトルを強調する(カラフルにするなど)。  
      • ・色の濃淡をしっかりと出す。

  • (2)ロゴマークの今後の活用について 
    • ○いただいたご意見を踏まえ、啓発物資を再度検討していく。
      ロゴマークの名前公募も次回の会議で改めて議論する。

3 平成26年1月29日(水)第7回部会を開催。

  • (1)ロゴマークを活用した啓発について
    • ○啓発物資については、実現性や効果を議論した結果、エコバッグ、ポケットティッシュ、シールの3本を実施に向けて進めていく。
    • ○ロゴマークの愛称募集についても、実施することで、次回に募集要項案を提示する。
    • ○イベント等でのPRについても、情報を提供いただきながら、効果的なPRやイベントの実施を引き続き検討していく。
  • (2)「ゆれにくい」以外の地の利のPRについて
    • ○各地の利をミックスしたPRの手法を引き続き検討していく。




1 平成25年7月30日(火)第5回部会を開催。

  • ○しんかま屋台村事業については、担当課より、8/1(木)のオープン時の情報提供等があった。
  • ○イルミネーション事業については、8月中にイルミネーションに特化した部会を開催し、今年度の実施内容の詳細及び来年度の実施内容の方向性を詰めていくこととなった。

2 平成25年8月28日(水)第6回部会を開催。

  • (1)平成25年度のイルミネーション事業について
    • ○イルミネーションの設置及び撤去については、昨年度より人員を増やして対応していくこととなった。
    • ○設置等の実施体制については、イルミネーション準備可能本数が決まった段階で組み立てていくこととなった。
    • ○点灯式については、11月22日(金)に実施することで進めていくこととなった。

  • (2)平成26年度以降のイルミネーション事業について
    • ○今後も継続的に実施していく事業として、明確なビジョンを策定し、事業展開していくこととなった。
    • ○「市民によるコンテスト形式」や「市・企業・団体が所管しているキャラクターのイルミネーション設置」等の案を検討し、他市で実施しているイルミネーションとの差別化を図っていくこととなった。

3 平成25年10月10日(木)第7回部会を開催。

  • (1)平成25年度イルミネーション事業について
    • ○平成25年度のイルミネーション事業については、下記のとおり実施していくことで、各構成員が協力して進めていくこととなった。
      [1]コンセプト
       「光と人が交差するまち 鎌ケ谷」
      [2]実施場所
       新鎌ケ谷駅北口・南口駅前広場中島2箇所
      [3]設置期間
       平成25年11月12日(火)〜11月21日(木)
      [4]点灯期間
       平成25年11月22日(金)〜平成26年2月14日(金)
      [5]点灯式
       平成25年11月22日(金)18時から30分程度
      [6]撤去期間
       平成26年2月15日(土)〜2月28日(金)
      ※設置・撤去については、事務局が構成員の予定を取りまとめ、後日依頼予定。

4 平成26年1月29日(水)第8回部会を開催。

  • (1)イルミネーション事業について
    • ○部会の中で事務局案が承認された。
      ※26年度については、イルミネーションの統合・拡大と併せて27年度以降の展開に向けた準備期間とすることとなった。
  • (2)桜の樹の植樹について
    • ○部会の中で事務局案が承認された。
      ※植樹の目標値の設定、苗木の金額等の調査も進めていくこととなった。




1 平成25年7月30日(火)第5回部会を開催。

  • ○“新鎌傘”については、本部会の目的である市民の利便性の向上に繋がる取組みであるので、目下の部会の検討事業としていくこととなった。また、次回以降の部会では、検討項目(設置エリア、必要本数、維持管理方法等)の頭出しを行い、具体的に検討していくこととなった。

2 平成25年10月10日(木)第6回部会を開催。

  • (1)新鎌傘事業について 
    • ○本事業については、下記のとおり進めていくこととなった。
      [1]傘について
       中古の傘を再利用する形とする。
      [2]目的について
       「鎌ケ谷に訪れた方の利便性の向上を図ると共に、“思いやり”を伴うコミュニティの醸成を図る」
      [3]コンセプトについて
       次回部会までに構成員の方に考えておいていただく。
      [4]設置場所について
       次回部会までに事務局で考え方を整理する。
      [5]費用・デザインについて
       次回部会までに構成員の方に考えておいていただく。
      [6]実施体制について
       詳細は次回以降の部会で決定することとするが、アクロスモールを実施主体とし、他の構成員にもご協力していただく方向で進めていく。

3 平成26年1月29日(水)第7回部会を開催。

  • (1)(仮称)新鎌傘事業について
     下記のとおり進めていくこととなった。
    1. 事業名について
      “かま傘あった傘”事業が良いとの意見があった。
    2. コンセプトについて
      コンセプトは「人と人の思いやりを繋ぐまち 鎌ケ谷」とする。
      ※コンセプトを説明する中で、「おもてなしの心」、「環境に優しい」等の視点も入れ込んでいく。
       また、キャッチフレーズは「こころあったか 鎌ケ谷」とする。
    3. 設置場所について
      施行段階では、「アクロスモール⇔東武新鎌ケ谷駅」とする方向で検討を進める。
      ※次の展開として、東武鉄道のご承諾をいただくことを前提に、東武鎌ケ谷駅への設置も視野に入れる。
    4. 費用について
      施行段階では、原則協力者に費用がかからない方法で実施する。
      ※傘立てについては、設置する各施設が準備する。
    5. デザインについて
      傘の柄の部分等に「ゆれにくいまち 鎌ケ谷」のシールを貼ることで識別かつPRをしていく。
      ※傘立てには、「ゆれにくいまち 鎌ケ谷」のデザインを施し、併せて事業の趣旨説明、構成企業・団体名、
       「こころがあったかくなる」といったフレーズの記載を検討していく。
    6. 実施体制について
      当初はアクロスモールを実施主体とし、他の構成企業・団体が事業をPRしていく。




1 平成25年6月27日(木)第4回部会を開催。

  • (1)「しんかま屋台村事業」についての情報発信の検討。
    • ○平成25年8月1日のオープンに向けて、“日頃、新鎌ケ谷駅を利用している方々に、いかに屋台村に立ち寄っていただくか”、という視点を中心に考えていくこととなった。
    • ○市が持っている情報ツール(HP、Twitter、広報かまがやetc.)や企業・団体等が持っている情報ツール(HP、社内情報誌、掲示板・ラック、アナウンス、ホテルのフロント・ロビー・客室スペースetc.)を使ったPRを始め、屋台村の呼び水となるイベントの誘致等、今後、実現可能な取組みを戦略的に発信していくこととなった。
    • ○今後、鉄道会社へ、中吊り広告等を使ったPRを個別に依頼していくこととなった。

2 平成25年7月30日(火)第5回部会を開催。

  • ○「ゆれにくいまち 鎌ケ谷」のロゴマークの活用については、地の利の活用部会と連携しながら検討を続けていくこととなった。また、しんかま屋台村事業についても、イベント部会と連携し、随時PR方法等の検討を続けていくこととなった。

3 平成25年10月15日(火)第6回部会を開催。

  • (1)イルミネーション事業のPR方法について
    • ○今年度については、企業・団体に可能な範囲でご協力いただき、来年度以降については、より効果的なPRの仕方等を戦略的に検討していくこととなった。

  • (2)Facebookの活用について
    • ○市の開設時期までに、企業・団体に様々な形でアドバイスをいただくこととなった。

4 平成26年1月29日(水)第7回部会を開催。

  • (1)市PR用映像について  
    • ○市PR用映像については、15秒バージョンは鎌ケ谷の名前・場所のPRに絞ったものとし、30秒バージョンはそれを少し詳しくするといった方法で、若い人にも興味を持ってもらえるような映像とする。