平成29年度 
高齢者のインフルエンザ予防接種
〜公費負担が1月31日まで延期となりました〜

更新日:平成29年12月1日

 鎌ケ谷市では、10月1日より、高齢者インフルエンザ予防接種の公費助成を実施しています。
 接種を希望する方は、予防接種の注意や副反応について十分理解した上でお受けください。
 今季のインフルエンザワクチンは、生産の遅れによる供給不足が続いているため、接種期間を延長します。

インフルエンザについて
  •  インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。発症すると、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れます。65歳以上の高齢者や慢性疾患のある人は肺炎などを併発し、重症化することがあります。
    インフルエンザワクチンの接種で感染、発症を完全に予防することはできませんが、重症化することを防ぐ効果があるとされています。
    インフルエンザワクチンは、流行が予測されるウイルスにあわせて作られています。今シーズンのインフルエンザワクチンは、A型2種類・B型2種類合計4種類の抗原が含まれます。
    なお、ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後2週間から約5か月とされています。
    地域差はありますが、インフルエンザの流行は1月初旬から3月上旬が中心です。過去の発生状況から考えて、より有効性を高めるためには、早めの接種が必要です。

対象者
  • ◆鎌ケ谷市に住民登録があり、次の(1)、(2)に該当し、インフルエンザ予防接種を自らの意思で希望する人
    • (1)接種日当日に満65歳以上の人(昭和28年1月1日以前に生まれた者で接種日に65歳に到達している者)
    • (2)接種日に満60歳から65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器及びヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害を有し、このいずれかで身体障害者手帳一級を所持しており、インフルエンザ予防接種を自らの意思で希望する人(昭和33年1月1日以前に生まれた者で接種日に60歳に到達している者)

実施期間
  • ◆ 平成29年10月1日(日)〜平成30年1月31日(水)まで(指定医療機関の休診日を除く)

自己負担額
  • ◆1,000円
*ただし、生活保護世帯の人(中国残留邦人で支援給付を受けている人)は社会福祉課で接種前に手続きすることで自己負担金が免除になります。

接種回数
  • ◆1年度に1回(2回目の接種を希望される場合は、全額自己負担になります。)

接種方法
  • ◆健康保険証、身体障害者手帳等を持参して、指定医療機関で接種
  • ◆予診票は、市内の指定医療機関に備えてあります。
  • ◆市外での接種を希望される場合は健康増進課へお問い合わせください。
*希望する医療機関が千葉県内の他市町村にあり、「千葉県内定期予防接種相互乗り入れ事業」の協力医療機関であれば、予診票を発行します。
詳細につきましては「鎌ケ谷市外で高齢者のインフルエンザ予防接種を希望される方へ」よりご確認ください。
なお、医療機関により状況が違うため、ワクチンの有無などを直接ご確認の上、受診してください。

接種を受けるときの注意
  •  健康状態のよいときに受けてください。
  •  予診票は接種担当医師への大切な情報です。接種を受ける方が責任を持って記入してください。

接種を控えた方が良い場合
  • 次のいずれかに該当すると認められた場合は、接種が受けられないことになっています。
    • 明らかな発熱を呈している方
    • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
    • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことが明らかな方
    • 上記に掲げる方のほか、予防接種をおこなうことが不適当な状態であると医師に判断された方
  • *高齢者肺炎球菌予防接種等、不活化ワクチンを受けた場合は、接種日から6日以上あけてください。

接種後の副反応について
  •  予防接種後の副反応として、注射部位が赤くなったり、痛み、腫れる等の症状がありますが、通常2〜3日中に消失します。
     ごくまれにショック、アナフィラキシー(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)、ギランバレー症候群、けいれん等の重い副反応があらわれたとの報告があります。
     接種後に具合が悪い場合は、速やかに医師の診察を受けてください。

重篤な副反応発生時の救済制度について
  •  インフルエンザワクチンの接種によって重篤な副反応が発生した場合は、予防接種法に基づいた健康被害救済制度(*)が適用されます。ただし、市の指定医療機関で接種を受けた場合が対象となります。
(*)健康被害救済制度とは・・・予防接種を受けたことにより重篤な副反応が生じ、入院や治療が必要になったり、万が一障害が残った場合等に医療費や障害年金等が給付される制度です。

【問い合わせ】 健康増進課予防係(電話)047−445−1390


鎌ケ谷市内の指定医療機関
(平成29年12月1日現在)
医療機関名 住所 電話番号
秋元病院 初富808-54 047-446-8100
アクロスモール新鎌ケ谷クリニック 新鎌ケ谷2-12-1 3F 047-401-1171
飯ヶ谷内科クリニック 東道野辺5-19-15 047-445-8881
石川整形外科クリニック 道野辺中央2-5-16 047-441-8818
いそのクリニック 南鎌ケ谷1-5-27 047-498-5500
うらわ整形外科 道野辺本町1-3-1
カーラシティ鎌ケ谷 2F
047-441-7888
大石内科胃腸科医院 東初富6-7-16 1F 047-498-5700
片桐内科医院 道野辺1051-1 047-446-2000
かのう内科クリニック 道野辺中央2-5-18 047-446-7122
かまがや診療所(要予約) 東中沢1-15-61 047-446-3611
鎌ヶ谷整形外科・内科 南初富6-5-14 047-444-2236
鎌ケ谷総合病院 初富929-6 047-498-8111
くぬぎ山内科医院 くぬぎ山4-2-40-106 047-388-5931
くぬぎ山ファミリークリニック
(利用者のみ)
くぬぎ山4-2-40
ワコーレ鎌ケ谷1-1-2
047-712-1511
さいきクリニック
12月4日(月)開院予定
東道野辺7-22-46
KU馬込沢ビル201
047-439-3929
さらしな耳鼻咽喉科クリニック 東初富6-7-16 2F 047-443-3346
庄司内科医院 富岡1-6-5 2F 047-445-9855
白戸胃腸科外科 初富924-1844 047-445-8001
シルバーケア鎌ケ谷(利用者のみ) 初富125-1 047-441-2005
新鎌ヶ谷駅前クリニック(要予約) 新鎌ケ谷1-17-2 
新鎌ヒルズ 2F
047-441-3336
新鎌ヶ谷北口クリニック 新鎌ケ谷1-14-36 047-401-3376
仁愛医院 道野辺中央1-10-46 047-442-0515
鈴木整形外科(要予約) 道野辺中央4-17-10 047-445-5020
十河産婦人科医院 中央1-19-12 047-445-0187
第2北総病院 初富803 047-445-5552
東邦鎌谷病院 粟野594 047-445-6411
中井小児科内科 鎌ケ谷1-4-15 047-446-0105
中川内科胃腸科クリニック(要予約) 道野辺本町1-3-1
カーラシティ鎌ケ谷 2F
047-498-6661
のむらファミリークリニック 新鎌ケ谷1-18-5
ディア・ヴェルジェ 1F
047-401-3611
初富内科医院 初富本町1-1-24 047-468-8103
初富保健病院 初富114 047-442-0811
原沢外科内科整形外科 鎌ケ谷3-3-45 047-443-8226
堀江皮膚科医院 富岡1-6-5 1F 047-445-9888
まこと医院(利用者のみ) 東道野辺5-9-28 047-489-1899
三田医院 右京塚7-8 047-444-7122
みちのべクリニック 東道野辺4-1-38 047-446-5957
道野辺診療所 道野辺226-1 047-446-3307

*診療時間、予約等は各医療機関へお問い合わせください。