危険・有害物類はそれぞれ別の袋で出しましょう


 現在、「燃やさないごみ」の一部として「危険・有害物類」の回収を実施しているところですが、ごみ収集の際に使い捨てライターが原因でごみ収集車の発火事故の事例や作業員が収集作業の際に刃物類で怪我をしそうになった事例が報告されています。幸い大きな事故に発展したケースはないようです。また、有害な水銀使用廃棄物を安全に回収するために、蛍光灯、乾電池、水銀体温計・血圧計等をごみとして出す際にご協力をお願いします。

使い捨てライター・乾電池

 使い捨てライターは必ずガスを使い切っていただき、それぞれレジ袋など中身の見える袋に入れていただき、その他の『燃やさないごみ』と分けてゴミステーションに出してください。

刃物類

 刃物などの危険物は、刃先を紙などで包んでいただき、レジ袋など中身の見える袋に入れて、刃物類の表示をお願いします。また、他の『燃やさないごみ』とは分けてゴミステーションに出してください。

蛍光管

 割れないよう新聞紙等で包んだうえでレジ袋など中身の見える袋に入れてください。買い換え等であれば蛍光管が入っていた空き箱に入れていただき、他の『燃やさないごみ』とは分けてゴミステーションに出してください。
 割れている蛍光管等は新聞紙等で包み、レジ袋など中身の見える袋に入れていただき、他の『燃やさないごみ』とは分けてゴミステーションに出してください。
また、蛍光管の表示をお願いします。

水銀体温計・血圧計

 水銀体温計・血圧計は、市役所クリーン推進課窓口若しくはクリーンセンターしらさぎの窓口にお持ち込みいただければ回収します。



【掲載担当課】 クリーン推進課業務係(電話)047−445−1223