このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 交通アクセスが抜群の街
  • 子育て・教育環境が充実した街
  • みんなが暮らしやすい街
  • 見どころがいっぱいの街
サイトメニューここまで

本文ここから

かまがや取材日記 日ハム新入団選手歓迎式 令和2年1月12日

更新日:2020年1月21日

鎌スタに期待の10選手


 北海道日本ハムファイターズの2020年新入団選手歓迎式典が1月12日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアム(鎌ケ谷市中沢)の屋内練習場で開かれました。

 

 今年の新人は、ドラフト1位の河野竜生投手(JFE西日本)ら10人。選手たちが入場すると、約1000人のファンらが大きな拍手で出迎えました。壇上で、一人一人が清水聖士市長に転入届を手渡し、10選手は敷地内の勇翔寮で生活する鎌ケ谷市民となりました。清水市長は「スタジアムは梨畑に囲まれ、誘惑するネオン街もないので野球に打ち込めます。11万市民全員で応援しますので、早く1軍に上がってバリバリ活躍してください」と激励。記念品の梨や梨サイダーが贈られたほか、市内の少年野球の選手たちからは花束が贈呈されました。

 

 続いて、ファンとの交流イベントが行われ、選手たちが描いた似顔絵や書き初めが披露されました。質問コーナーでは「好きな食べ物は」「対戦したい選手は」などのほか「彼女はいますか」との問いも飛び出し、「ファンの皆さんが彼女です」との答えに会場は拍手と笑いに包まれ、約1時間の式典は和やかな雰囲気で行われました。

 

 式典終了後、敷地内をぶらぶら散策してみました。球場を囲む円周の道路ではジョギングしている人を見かけました。ライトスタンド裏の坂になった道路の壁には「スタート」「あと半分!」「ゴール!」などの文字と走る人のイラストが描かれています。ダッシュ練習用の坂道でしょうか。また、バックスタンド裏にはストレッチ用の健康遊具が数種類あり、男の子とお母さんが楽しんでいました。体を動かしたい人には、いい環境ですね。

 

 鎌ケ谷スタジアムは、もちろんプロ野球の2軍試合や練習が観られる施設です。でも、それだけではなく、「鎌スタ・梨まつり」や「鎌スタ☆トレーニングデー」などのイベント会場としても利用されています。さらに、毎日7時から18時まで開放されているので、市民が自由に散歩やジョギングなどを楽しむことができます。様々なエンターテインメントと健康を提供してくれる鎌ケ谷スタジアム。鎌ケ谷市にとって貴重な場所です。

問い合わせ

総務企画部 企画財政課 企画政策室

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 市庁舎3階

電話:047-445-1073

ファクス:047-445-1400

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

かまがや取材日記

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

鎌ケ谷市 KAMAGAYA CITY

鎌ケ谷市 総務企画部 企画財政課 企画政策室
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
直通電話:047-445-1073 ファクス:047-445-1400
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ