このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症の相談と受診

更新日:2022年12月28日

目次

新型コロナウイルス感染症とは?

  • ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
  • 潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)と言われており、他のコロナウイルスの状況などから最大14日間の潜伏期間があると考えられています。
  • 新型コロナウイルスは飛沫感染接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。


接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。ほかの方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。


 新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。



相談・受診の目安

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等のかぜの症状がみられるときは、学校や会社を休み、自宅で安静にしてください。
  • 毎日、体温を測定し、その日時と測定値、身体の症状等を手帳などに記録してください。

千葉県発表 相談・受診の目安

発熱外来等における相談・診療・検査の流れPDF画像リンク外部サイトへリンク 新規ウィンドウで開きます。

【ご注意】
なお、この目安は、市民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。


関連リンク

症状がある方


発熱等の症状を感じたら、 日ごろ通院している医療機関か、お住まいのお近くにある医療機関に電話で相談をしてください。

病院を受診するときの注意点

  • 感染防止のため、症状がある方の来院は制限されています。
  • 直接医療機関には行かず、来院前に必ず電話をかけ、受診の方法などの判断を仰いでからご受診いただきますようお願いいたします。
  • 普段から身近な診療所の中でかかりつけ医を決めておくと安心です。
  • 受診は、診療時間終了間際はなるべく避けるようにお願いします。

PCR検査について

令和2年3月6日から新型コロナウイルス感染症のPCR検査が保険適用となりました。
しかしながら、 希望すれば誰でもPCR検査ができるということではありません。発熱相談コールセンターや一般の医療機関において検査が必要と判断された場合、検査を受けることになります。

身近な医療機関がない方

かかりつけ医がいない方や、地域で身近な医療機関がない場合
困ったときは下記の機関に 電話をして相談してください。


濃厚接触者の方

下記のリンク先に関連ページがございますのでこちらもご覧ください。

妊婦の方

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに下記の相談先等にお電話等でご相談ください。

関連ページがございますので、こちら「妊婦の皆様へ」もご覧ください。

お子様のご相談

小児については、小児科医による診察が望ましく、下記相談先へお電話等でご相談ください。

  • 千葉県発熱コールセンター(電話:0570-200-139)
  • かかりつけ小児医療機関

発熱相談コールセンターに相談後、医療機関を受診するときは

  • 「発熱相談コールセンター」から受診を勧められた医療機関を受診してください。
  • 複数の医療機関を受診することは控えてください。
  • 医療機関を受診する際には、マスクを着用する他、手洗いやせきエチケットに努めてくださるようお願いいたします。また、なるべく自家用車をご使用いただきますようお願いいたします。

    関連リンク

    無症状の方

    こちら「千葉県新型コロナウイルス感染症に係るPCR等検査無料化事業のお知らせ(無症状の方のみ)」をご覧ください。
    【注記】症状のある方及び濃厚接触者は当事業の対象となりませんのでご注意ください。


    濃厚接触者の方

    下記のリンク先に関連ページがございますのでこちらもご覧ください。

    関連リンク

    電話相談窓口 発熱などの症状が出たら

    こころの相談窓口

    精神保健に関する相談窓口(千葉県精神保健福祉センター)

    新型コロナウイルス感染症に係る心のケア電話窓口相談を実施しています。
    電話:043-263-3893
    受付時間 午前9時から午後6時30分の平日




    新型コロナウイルス感染症に係る心のケアリーフレット

     千葉県精神保健福祉センターでは、新型コロナウイルス感染症に係る心のケアのリーフレットを作成しています。
    (1)一般県民の皆様

    (2)療養されている皆さま

    (3)医療従事者等の皆さま

    SNS心の相談

    新型コロナウイルス感染症の影響によるこことの悩みについて、厚生労働省ではチャット形式で相談を受け付けております。
    【受付時間】平日(午後6時から午後9時30分)、土曜日、日曜日、祝日(午後2時から午後9時30分)
    【備考】なお、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談を行いたい方は上記の千葉県の電話相談窓口へ、新型コロナウイルス感染症がうかがわれる方は帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
    新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談(外部サイト)新規ウインドウで開きます。



    DVや虐待についての相談窓口

    外出自粛や休業、休校に伴うDVや児童虐待の相談窓口

     新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、外出自粛や休業、学校の休校などが行われています。家庭内で過ごす時間が長くなる中で、生活不安やストレスなどにより、配偶者等からの暴力(DV)、児童虐待の増加、深刻化が懸念されています。
     夫婦(パートナー)関係、親子関係、子育てに関することなど心配なことがあるときには、一人で悩まず、相談窓口にご相談ください。
    DVに関する相談窓口
    千葉県ホームページ「千葉県内のDV相談窓口」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
    児童虐待に関する窓口
    千葉県ホームページ「虐待かと思ったら189(いちはやく)番へ」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

    問い合わせ

    健康福祉部 健康増進課 予防係

    〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 総合福祉保健センター1階

    電話:047-445-1390

    ファクス:047-445-8261

    お問い合わせメールフォーム

    本文ここまで


    ページの先頭へ
    以下フッターです。
    〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
    代表電話:047-445-1141
    ファクス:047-445-1400
    開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
    法人番号8000020122246
    © 2018 Kamagaya City.
    フッターここまでページの先頭へ