このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年3月31日

市民の皆様へ

 令和2年3月30日(月曜日)、千葉県知事より、以下の要請がありましたのでお知らせいたします。市民の皆様におかれましては、さらなる感染症拡大を抑制するため、これらの要請を踏まえた行動を徹底していただきますようお願い申し上げます。

  • 手洗いやうがいを励行し、せきエチケットを守ってください。
  • 週末や休日だけでなく、平日についても「3つの密(注釈)」を避けてください。
  • 平日の夜間について、東京都内への不要不急の外出を自粛してください。また、都内での飲食を伴う集まり等への参加を自粛してください。
  • 海外からの帰国者の皆様は、帰国後14日間は自宅待機をお願い致します。
(注釈)「3つの密」とは、1 換気の悪い密閉空間、2 多数が集まる密集場所、3 間近で会話や発声をする密接場面 をいいます。

新型コロナウイルス感染症に関する相談・受診の目安

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等のかぜの症状がみられるときは、学校や会社を休み、自宅で安静にしてください。
  • 毎日、体温を測定し、その日時と測定値、身体の症状等を手帳などに記録してください。

新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安

 下記の1・2のいずれかの要件を満たす方は、「帰国者・接触者相談センター(電話:047-475-5154)」に電話で相談してください。医療機関(帰国者・接触者外来)を受診すべきかどうかなどの対応を相談できます。

1 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)(注釈1、注釈2)
2 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

(注釈1)高齢の方、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの持病のある方、透析中の方、免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方は重症化しやすいため、上記1の症状が2日続いたら「帰国者・接触者相談センター(電話:047-475-5154)」へ相談をしてください。
(注釈2)妊娠中の方は念のため、上記の重症化しやすい方と同様に、早めに「帰国者・接触者相談センター(電話:047-475-5154)」へ相談してください。

PCR検査について

 令和2年3月6日から新型コロナウイルス感染症のPCR検査が保険適用となりました。しかしながら、希望すれば誰でもPCR検査ができるということではありません。帰国者・接触者相談センターや一般の医療機関において検査が必要と判断された場合は、紹介された「帰国者・接触者外来」で検査を受けることになります。「帰国者・接触者外来」は公表されていませんので上記の「新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安」に該当する方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

対応時間

 平日午前9時から午後5時まで。その他の日時は音声案内に従ってください。コールセンターが対応します。

【ご注意】

  • 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、目安どおりの対応をお願い致します。
  • 上記のいずれにも当てはまらないがインフルエンザ等の心配があるときは、かかりつけ医に相談してください。

センターに相談後、医療機関を受診するときは

  • 「帰国者・接触者相談センター」から受診を勧められた医療機関を受診してください。
  • 複数の医療機関を受診することは控えてください。
  • 医療機関を受診する際には、マスクを着用する他、手洗いやせきエチケットに努めてくださるようお願いいたします。また、なるべく自家用車をご使用いただきますようお願いいたします。

帰国者・接触者相談センター(千葉県習志野健康福祉センター=習志野保健所)

症状や渡航歴等から新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合、受診についての相談を受け付けています。

電話:047-475-5154

ファクス047-475-5122

対応時間 午前9時から午後5時まで(平日)
上記の時間外については音声案内の指示に従ってください。

  • 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、目安どおりの対応をお願い致します。
  • 上記のいずれにも当てはまらないがインフルエンザ等の心配があるときには、かかりつけ医に相談してください。

新型コロナウイルスに関する電話相談窓口

千葉県の電話相談窓口(コールセンター)

新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応などの相談を受け付けています。

電話:0570-200-613

対応時間 24時間(土曜日、日曜日、祝日を含む)
上記以外の時間は音声案内に従ってください。

厚生労働省の電話相談窓口

国の取り組みおよび状況、関連法律、感染予防等に関する相談を受け付けています。

電話:0120-565653

受付時間:午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日、祝日を含む)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、下記のファクスでも受け付けています。

ファクス:03-3595-2756

鎌ケ谷市役所健康増進課予防係

鎌ケ谷市の取り組みおよび状況、感染予防等についてご相談ください。

電話:047-445-1390(直通)

ファクス:047-445-8261

受付時間 午前8時30分から午後5時まで(平日)

新型コロナウイルス感染症とは

  • ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
  • 潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)と言われており、他のコロナウイルスの状況などから最大14日間の潜伏期間があると考えられています。
  • 新型コロナウイルスは飛沫感染接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。ほかの方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

感染予防のために

咳エチケット

  • 咳が出る人はマスクを着用しましょう。
  • マスクがない場合、咳をするときにティッシュで鼻と口を完全に覆い、とっさの場合は、手のひらではなく、袖等で口と鼻を覆いましょう。
  • 鼻をかんだらすぐにゴミ箱に捨てましょう。ゴミ箱は蓋つきが理想です。

手洗い

  • 外出後や食事の前、トイレの後等は、こまめに手洗いをしましょう。
  • ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自身の手にウイルスが付着している可能性がありますので、手洗いは流水と石鹸でしっかり洗い流しましょう。

集団発生防止のために

 特に、持病がある方、ご高齢の方は、人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
集団発生防止のため、蜜を避けて外出しましょう
厚生労働省ホームページより抜粋

運動の機会が減ってしまったあなたに

 新型コロナウイルス感染症の感染予防のためにご自宅にいることが多くなった、また、イベントや集会などが中止になり外出の機会が少なくなったという方はいらしゃいませんか?自宅にこもりがちな方は、ぜひ以下の体操を実践してみましょう。
きらり鎌ケ谷体操
ロコモチャレンジ! 推進協議会 公式ホームページ「ロコモONLINE」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 予防係

〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号 総合福祉保健センター1階

電話:047-445-1390

ファクス:047-445-8261

お問い合わせメールフォーム

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。
〒273-0195 千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷二丁目6番1号
代表電話:047-445-1141
ファクス:047-445-1400
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで
法人番号8000020122246
© 2018 Kamagaya City.
フッターここまでページの先頭へ