【受付終了】鎌ケ谷市液状化等被害住宅再建支援事業

この事業は平成27年4月10日にて終了となりました。

 東日本大震災により、生活している住宅や住宅の基礎等に被害を受けた世帯に千葉県と鎌ケ谷市が連携して住宅を再建するための支援金を支給します。
 なお、既に工事や補修が済んでいる世帯も申請書類により被害と工事内容が確認できる場合は対象となります。
 支給の対象となる方、支援金の額は次のとおりです。

支援金の対象世帯 支援金の上限額
(1)液状化等の住宅地盤被害により「半壊に至らない(一部損壊)」被害を受けた住宅を解体した世帯 <複数世帯>
100万円
(2)液状化等の住宅地盤被害により「半壊」または「半壊に至らない(一部損壊)」被害を受けた住宅の地盤を復旧(住宅の基礎の修復を含む。)した世帯 <複数世帯>
100万円
(3)「半壊」被害を受けた住宅を補修した世帯 25万円

※ 単身世帯の場合は、支給金額の上限は4分の3となります。
※ 国の被災者生活再建支援制度を利用できる方は、この支援金を受けとることは出来ません。
※ (1)〜(3)の支援金を重複して受けることはできません。また、支援金の交付は1回限りです。
※「半壊」や「半壊に至らない(一部損壊)」は、市町村が発行する「り災証明書」に記載されています。
※ 同一の住宅内で世帯分離している場合は、同一世帯として取り扱います。
※ 地盤被害により住宅が「半壊」の被害を受けた世帯が、地盤の復旧等をせず、住宅の補修のみを行った場合は、(3)に該当します。


【掲載担当課】 社会福祉課社会福祉係(電話)047−445−1286