被災者に対する支援金、見舞金、生活福祉資金の
貸付について

この事業は平成27年4月10日にて終了となりました


 平成23年3月11日(金)に発生した地震災害で、被害を受けた方に対し、次のいずれかに該当する場合に支援金等が支給されます。ただし、家の外壁の一部欠落や亀裂、ブロック塀等の損壊や屋根瓦の崩落については、対象になりません。

1 居住用の建物が被害にあった場合

 対象となる被害規模の認定は、今回の地震により、次の住宅被害を受け、市からその被害程度を証する「被災証明書」の交付を受けた世帯です。

(1) 住宅が全壊(全焼を含む。)した場合
(2) 住宅が半壊(半焼を含む。)、または住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した場合(敷地被害解体)
(3) 災害により危険な状態が継続し、住宅に長期間居住できない場合
(4) 住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することができない場合(大規模半壊世帯)

2 支援金の支給額

(1)被災者生活再建支援金(被災者生活再建支援法の適用)
 ○上記1の(1)、(2)、(3)のいずれか →全壊とみなす 100万円
 ○上記1の(4) →大規模半壊世帯 50万円
 (注)単身世帯は、上記の4分の3の金額となります。

他に加算支援金として
  • 住宅を建設・購入する場合 200万円
  • 補修する場合         100万円
  • 貸借する場合          50万円
<申請に必要なもの>
  • 全壊、大規模半壊の場合
    • 被災証明書、住民票、預金通帳の写し、契約書の写し(加算支援金を請求する場合)
  • 半壊解体の場合
    • 上記書類のほかに、解体証明書、減失登記簿謄本が必要です。
  • 敷地被害解体の場合
    • 上記書類のほかに、解体証明書、減失登記簿謄本、敷地被害証明書類が必要です。 
  関連リンク:
被災者生活再建支援法の適用に関する県の情報        
被災者に対する支援制度等について(内閣府防災情報のページ)

(2) 災害見舞金(鎌ケ谷市災害見舞金規則の適用)
  ○全壊、全焼 10万円
  ○半壊、半焼またはこれらと同程度と認められる被害 5万円

(3) 災害見舞金(鎌ケ谷市社会福祉協議会災害見舞金規程の適用)
  ○全壊、全焼 1万円
  ○半壊、半焼 5千円

(4) 災害見舞金(千葉県共同募金会災害見舞金規程の適用)
  ○全壊、全焼 1万円(アパート等及び貸借住宅の場合は5千円)
  ○半壊、半焼 5千円(アパート等及び貸借住宅の場合は3千円)

(5) 災害見舞金(日本赤十字社千葉県支部の災害見舞金支給制度の適用)
  ○全壊、全焼  5千円
  ○半壊、半焼  5千円

<申請に必要なもの>
  • 市長または消防長が発行する被災証明書
  •  (注)発行には、市役所職員による現地調査が必要となります。

 関連リンク:被災証明書交付申請について

不明な点は、社会福祉課までお問い合わせください。


3 生活福祉資金貸付制度(千葉県社会福祉協議会)

 地震により被災された世帯に対する支援として、千葉県社会福祉協議会が実施する生活福祉資金貸付制度があります。
 詳しくは、鎌ケ谷市社会福祉協議会までお問い合わせください。

鎌ケ谷市社会福祉協議会
  電話 047-444-2231


【掲載担当課】
社会福祉課社会福祉係(電話)047−445−1286