サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ市の概要>鎌ケ谷市への引越しをお考えの皆さまへ
 
鎌ケ谷市への引越しをお考えの皆さまへ

(1) ゆれにくい街
〜「ゆれにくい地盤」の地震に強い街〜

(2) 子育て安心
〜「いきいき子育て、のびのび子育ち ができる」街〜

(3) 都心まで30分
〜「日本橋まで直通で30分、成田空港(空港第2ビル)まで直通で29分(最短)」利便性の高さ〜

(4) 緑豊かな自然環境
〜「都心に近いのに、緑あふれ、自然豊か」〜

(5) 文化・スポーツ環境
〜「スポーツや文化活動など」生涯にわたって生活を楽しめる街〜

(6) 行政情報など
〜その他のくらし・行政情報(お買い物やごみの出し方など)〜

かまたんよりごあいさつ




〜「ゆれにくい地盤」の地震に強い街〜

鎌ケ谷市は、千葉県が作成した「ゆれやすさマップ」等で、市の全域が都心に近い県北西部地域でも比較的ゆれにくいことが分かり、地盤が強いまちとして知られています。

この地盤の強さに加え、従来の計画を前倒しし、小中学校の耐震化率100%と避難所備蓄倉庫の整備率100%を平成25年度に達成し、さらに防災への備えを強化しています。

また、「いざ」というときのため、消防本部庁舎やくぬぎ山消防署の建替えによる防災拠点機能の強化にも取り組んでいます。
鎌ケ谷市は約20kuの市域に3つの消防署があり、消防の平均現場到着時間は7分30秒(平成24年実績)です。
ゆれにくいまち鎌ケ谷シンボルマーク

(千葉県作成のゆれやすさマップ)
 マップ(平成19年千葉県作成) マップ(平成23年千葉県作成)
(平成19年千葉県作成) (平成23年千葉県作成)




〜「いきいき子育て、のびのび子育ち ができる」街〜

鎌ケ谷市では、「いきいき子育て、のびのび子育ち」ができるようきめ細かい子育て支援を行っています。

保育所の定員は、「あっとほーむママ」も含め、平成14年度当初の620人から平成26年度当初の999人と1.6倍になっています。
また、平成27年度には、初富駅から徒歩1分のところに新たな民間保育所が開設予定です。
保育所待機児童は、「平成27年度までにゼロ」にすることを目標として取組んでいます。

また、中学校3年生まで入院・通院とも子ども医療費の助成を行っています。

鎌ケ谷市の子育て支援は「きめ細かさ」が特長です。
市内には5か所(およそ4kuにひとつ)の児童センター等があり、「子育て支援センター」を中心に子育て支援や相談を行っています。
また、市内の保育園では、平日毎日園庭開放を実施しています。
詳しくは、「子育て・子育ち応援サイト」をご覧ください
http://kamakko.info/
写真写真2
鎌ケ谷市では、小中学校での教育も「きめ細かさ」を特長としています。


きらり先生(少人数教育指導教員)、ほほえみ先生(特別支援教育推進指導教員)、学校図書館司書の3区分の先生を市独自の予算で全小中学校に配置しています。(千葉県内で2市のみ)
また、「通学路整備計画」により、通学路に特化した整備を行っています。
小中学校の全教室へのエアコン設置も進めており、小学校は平成26年度、中学校は平成27年度に工事を実施予定です。
各小中学校の情報など詳しくは「鎌ケ谷市の教育」のページをご覧ください
http://www.city.kamagaya.chiba.jp/kakuka/kyouikusidou/document/kyouiku/index.html




〜「日本橋まで直通で30分、成田空港(空港第2ビル)まで直通で29分」利便性の高さ〜

鎌ケ谷市は千葉県北西部にある住宅都市です。

市民が日常的に利用可能な鉄道駅が8つあり、「市街化区域面積あたりの鉄道駅の数」は千葉県内で1位です。

また、特に新鎌ケ谷駅は4つの鉄道路線(成田スカイアクセス、東武鉄道、新京成電鉄、北総鉄道)が交差しており、日本橋まで直通で30分、成田空港まで直通で29分です。

このほかにも、いずれも直通で各拠点都市へアクセスできる利便性の高いまちです。
(主な拠点への所要時間)※いずれも直通
  • 日本橋   :30分
  • 成田空港 :29分(空港第2ビルまでの最短)
  • 柏      :17分
  • 船橋    :11分
  • 松戸    :19分
鉄道路線イメージ図




〜「都心に近いのに、緑あふれ、自然豊か」〜

鎌ケ谷市は、非常に高い利便性をもちながら、緑あふれ、豊かな自然に恵まれています。

21.08ヘイホウキロメートルの市域のうち約半分となる10.38ヘイホウキロメートルが、開発や施設整備などの市街化行為を抑制する「市街化調整区域」となっており、市内に180ある「都市公園」、8つある「ふれあいの森」を含め、自然のみどりが多く残る環境です。

市街地においても、「グリーンリサイクルバンク」や地域の皆さんの活動により、みどりあふれる環境をつくっています。

*グリーンリサイクルバンクについて詳細は以下のページをご覧ください。
http://www.city.kamagaya.chiba.jp/kakuka/koenryokuchi/document/greenrecyclebank/jissi-youkou.html

また、市の特産の梨はその豊潤な味覚が自慢で、市内には梨園が多くあり、8月中旬から10月中旬には梨狩りも楽しめます。

鎌ケ谷駅前ロータリーの写真梨の写真




〜「スポーツや文化活動など」生涯にわたって生活を楽しめる街〜

鎌ケ谷市には、日本に12球団しかないプロ野球球団の施設「ファイターズタウン鎌ケ谷」があります。北海道日本ハムファイターズに入団した選手はまず鎌ケ谷市で暮らします。

「ファイターズタウン鎌ケ谷」では年間50試合以上の試合が行われています。気軽にプロスポーツ観戦を楽しめるという「観る」スポーツはもちろん、「スポーツ宣言都市」として「する」スポーツも盛んです。

福太郎アリーナをはじめ、福太郎スタジアム、トレーニングルーム、福太郎野球場、テニスコート、キャンプ場、多目的グラウンドといった豊富な施設に、平成26年度からは「弓道場・アーチェリー場」が加わります。

また、毎年1月には「鎌ケ谷新春マラソン大会」を開催しており、ほかにも「ウオーキング講習会」、「軽スポーツ講習会」、「各種市民大会」、「長寿大運動会」、などたくさんのメニューをご用意しています。

豊かな生活を送るうえでは、文化活動も大切です。鎌ケ谷市では、平成26年4月に「きらり鎌ケ谷市民会館」がオープンし、「つなぐ・つながる・つなげる文化の交差点」をキーワードに市民の皆さんの文化活動をサポートしていきます。

また、生涯学習推進センターを中心に、市内には各中学校区にひとつ、合計5つの公民館があり、年間延べ30万人以上の方がこうした学習施設を利用するなど、生涯学習が盛んです。
写真きらり鎌ケ谷市民会館の写真




〜その他のくらし・行政情報〜

市役所以外の暮らしに役立つ情報をまとめました。
鎌ケ谷市に転入後、それぞれの生活の場面を想定しながらご確認いただければ幸いです。

■ごみの出し方 
 http://www.city.kamagaya.chiba.jp/kurashi/seikatsu/gomi.html#01

■スーパーや日用品などのお買い物情報(鎌ケ谷市商工会)
 http://www.kamagaya.info/

■鎌ケ谷警察署
 http://www.police.pref.chiba.jp/police/police_department/kamagaya/

■松戸税務署
 http://www.nta.go.jp/tokyo/guide/zeimusho/chiba/matsudo/

■習志野保健所
 https://www.pref.chiba.lg.jp/kf-narashino/

■ハローワーク船橋
 http://chiba-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hw/anteisyo/anteisyo12.html

■パスポートをとりたい時(東葛飾旅券事務所)
 http://www.pref.chiba.lg.jp/kokusai/passport/toukatsu.html




トップページ市の概要>鎌ケ谷市への引越しをお考えの皆さまへ