サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ市の概要>鎌ケ谷市市章
 
鎌ケ谷市市章


画像:鎌ケ谷市市章
鎌ケ谷市市章(昭和49年3月30日 告示第15号)

市章の意味

 カタカナで「カマガヤ」を円形にし、円は和を表す。
 横の広がりは市の発展を意味する。

市章制定の方法

 広く市民より公募し、その入選図案を採用した。



作図規定

鎌ケ谷市市章の作図
※左の図をクリックすると、さらに大きな画像がご覧いただけます。
 

1: Oは円の中心を示す。
2: A,Bは円Oの垂直な直径の両端の点を示し、常に、Aを天(上)、Bを地(下)の位置にして作図する。
3: XYは、円Oの垂直な直径ABとOで直交する水平な直線とする。
4: 円Oの直径(AB=100)を基準値として、他の部分の割出しを行うものとする。
5: 画線と画線の間隔の幅(W=3)は全て同じとし、それぞれ並行に描くものとする。
6: P,Qは、(マ)及び(ヤ)の水平の画線KP,LQ(WYと並行)と、Oを中心とする(半径=95)の円弧との交点とする。
7: (マ)及び(ヤ)の斜めの画線PR,QSは、それぞれ、P,Qより、ABを直径とする円Oに引いた接線とする。







トップページ市の概要>鎌ケ谷市市章