サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページインターネット市長室市長のつぶやき>2002年
 
市長のつぶやき(2002年)


2002年11月29日 市民がブレーン
2002年10月30日 市長のカンロク
2002年10月1日 市長に就任
2002年9月3日  
2002年8月8日 初登庁













市民がブレーン


 第1回のタウン・ミーティングが終わりました。金曜夜7時からという時間にもかかわらず、130人を超える市民の方々が参加してくださいました。
 こういう機会は私にとってはじめての経験であり、会場からの質問に窮したらどうしようと、相当緊張して臨みました。その分、職員の助けを借りて念入りに予習もし、なんとか無事に終えられて正直ほっとしています。
 しかしそれよりも、市民の皆さんの前向きな提言や、切実な要望を生の声で聞けたことがとても良かったと思います。たとえば、障がいのある女性の方から、我が子の中学校の始業式・終業式を行う会場に段差があり車椅子で入れない、卒業式の行われる来春までにはなんとかスロープをつけてほしい、と真剣にお願いされた時には胸が詰まりました。バリアフリー化とはこういう小さなところから始めていかなければならないと思っています。
 先日、我孫子の福島市長と対談する機会がありました。市長として次々にアイデアを出される福島さんに、私から「良いブレーンをお持ちなんでしょうね」と問いかけたら、福島さんは「ブレーンは特にいないんですよ。いろんなアイデアは、市民としゃべっていると自然とわいてくるんですよね」との答え。そうか、市民がブレーンなんだ。私は妙に感心してしまいました。
 大勢の市民と話していると学ぶことも多い。良い知恵もわいてくる。タウン・ミーティングは私にとって、市民の声を市政に反映させるための、政策実現の手段であり、かつ、それ自体が目的でもあります。しかし、言いっぱなし、聞きっぱなしではいけない。早速、いただいた宿題の答えを作らねばなりません。
 とはいえ、まずは、周到な準備をしてくれて、遅くまで付き合ってくれた、職員に感謝。

2002年11月29日
清水聖士


▲ページの先頭へ




市長のカンロク


 市長になって2ヶ月半が過ぎた。最近よく「市長のイスには慣れましたか」と聞かれるが、なかなか慣れない、というのが正直な感想だ。また、もともとあまり態度のでかいほうでもないし、実際の年齢より若く見えてしまうこともあって、なかなか市長らしい振る舞いが板につかないようだ。
 早く市長らしいカンロクをつけろと言う人もいるが、実のところ、私自身はこのままでいいのではないかと思っている。普通の人っていうのは、だいたいあまりカンロクがないものだ。私も、そのへんを歩いている普通のサラリーマンに見えるくらいでいいと思っている。妙にエライ人になったり、立派な人になる必要はあるまい。あまり立派な人になってしまうと、市民の皆さんも声をかけにくくなってしまう。
 私はこれからも、普通の市民の感覚でものを見ていくし、自分自身もそう見られるようにしたい。そして、一般市民の声に対して、聞く耳を持ち続けたいと思う。そのような気持ちでこの「かまがやタウン・ミーティング」を企画しましたので、皆さんもぜひ気軽にご参加ください。昼間働いている方も来られるように夜7時からとしましたので。

2002年10月30日
清水聖士


▲ページの先頭へ




市長に就任


 市長に就任して1ヵ月半ちょっとが過ぎました。そしてこの9月には、私にとって初めての議会がありました。私はこれまで、外務大臣や総理の国会答弁の下書きをしたことはありますが、自分自身が議会で答弁するのはまったく初めてです。他人の答弁を書くのも結構むずかしいと思っていましたが、自分で答弁するほうがもっと大変だということがわかりました。当たり前のことですが、答弁を行った本人が最終の責任を負うわけですから。
 3日間にわたる一般質問が終わった時にはさすがに疲れましたが、各議員さんの質問の中で御指導、御鞭撻を頂き、あらためて、選挙の際の公約実現に全力を傾けなければ、という気持ちを強くしました。
 公約実現はカンタンなことではないと思っていますが、できることから一つ一つやっていこうと考えています。その中で、私の公約実現第1号とも言えるうれしいニュースをお知らせします。
 明日10月2日(水)から、市立図書館(初富駅そば)の開館時間を試行的に延長します。この試みは、仕事等の関係で夜でないと、図書館を利用できない方のために、毎週水曜日と金曜日の開館時間を午後8時まで延長するものです。なお、他の曜日は従来どおり、午後5時までです。
 今後も、本市の様々な課題に積極的に取り組んでまいりますので、市民の皆さまの御理解と御協力をお願い申し上げます。

2002年10月1日
清水聖士


▲ページの先頭へ





いよいよ
9月6日から私にとって初めての市議会が始まります。
6日午後1時過ぎから、私の所信表明演説が行われます。
この所信表明は、私が自分のパソコンで原稿を作り、市役所職員の皆さんの意見も取り入れて完成させたものです。
ご関心のある方は、ぜひ6日午後1時、市役所6階の市議会に傍聴に来てください。

2002年9月3日
清水聖士



▲ページの先頭へ




初登庁


初登庁から今日で9日経ちました。
この9日間は本当にめまぐるしく、あっという間に過ぎてしまいました。

 選挙に出るというのは生まれて初めての経験でしたが、その選挙戦が6月25日の記者会見以来1ヶ月以上も続いたので、やはり、相当疲れてしまったようです。
 通常の市長就任のケースであれば、投票日の後も前任の市長の任期が1週間とか10日くらいあって、その間に新市長は就任の準備や選挙の残務整理を行うものでしょうが、私の場合、前市長の辞職により市長のイスが空席であったため、7月28日夜の当選確定の時点から法律的には市長になってしまいました。
 したがって、休む間もなく当選翌日から激務が始まり、記者会見、そしてあいさつ回りを開始しました。そのあいさつ回りもまだまだ終わっていませんが、市役所の業務を勉強しなければならないので、今、市役所各部長からのレクチャー真っ最中です。まさにカンヅメ状態で、終日市役所303号室で講義を受けています。いろんなことをまとめて聞くので、頭の中がほとんどパンク状態です。
 妻と4歳の娘も選挙戦の疲れが残っているようですが、毎朝私の出勤時には励ましてくれます。昨日、やっと通勤のための車が到着したので(中古車ですが、、、)マイカー通勤を開始しました。朝8時30分には市役所に着くようにしていますが、低血圧なので出勤時はボーっとしています。

 まあ、何はともあれ、体が丈夫なのが取柄ですので、これから徐々に清水カラーを出していきたいと思っています。御期待ください。ではとりあえずこのへんで。

2002年8月8日
清水聖士





トップページインターネット市長室市長のつぶやき>2002年