サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ市の施策情報公開制度>制度の概要
 
制度の概要

総務課

●情報公開制度とは

市では、これまで「広報かまがや」や各種パンフレットを通じて、市民の皆さんに市の行政情報をお知らせしてきましたが、市の情報には、このほかにも、多くの情報があります。
この制度は、市が持っている情報を市民の皆さんの請求に応じて、開示しようとするもので、市民の皆さんの知る権利を保障し、市が保有している情報を広く公開することによって、市政に対する市民の皆さんの理解と信頼を深め、公正で民主的な開かれた市政の発展を目指す制度です。


●制度を実施する機関(実施機関)

市長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、議会


●この制度を利用(開示請求)できる人

どなたでも請求できます。


●対象となる公文書

実施機関の職員が作成し、又は取得した文書、図画、磁気テープや磁気ディスクなどの電磁的記録で、実施機関が管理しているもの。


●開示しないことがある公文書

公文書は、原則として開示しますが、内容によっては、個人のプライバシーなどを保護するために開示しないものもあります。
開示しないことがある情報には、次のようなものがあります。

(1)個人に関する情報
(2)企業の事業活動などに関する情報
(3)人の生命などの保護に関する情報
(4)国との協議などに関する情報
(5)市の内部の審議、調査などに関する情報
(6)事務事業の公正、円滑な運営に支障のある情報
(7)法令などで秘密にされている情報


●請求の方法

「公文書開示請求書」を総務企画部総務課の情報公開担当窓口に提出して下さい。

ダウンロードサービスへ(クリックするとダウンロードページへ移動します)


●開示の方法と費用

請求書が提出された翌日から起算して14日以内に、開示できるかどうか決定(やむを得ない理由があるときは、決定を延期する場合もあります。)して、その結果を請求者に通知書でお知らせします。
閲覧は無料ですが、写しの交付を希望されるときは、実費を負担していただきます。


●決定に不服がある場合

請求された公文書が開示できないときは、不開示の通知をしますが、その決定に不服がある場合は、行政不服審査法に基づき、審査請求をすることができます。
実施機関は、学識経験者などによる「鎌ケ谷市情報公開・個人情報保護審査会」に諮問し、その答申を尊重して、審査請求に対する裁決を行います。




トップページ市の施策情報公開制度>制度の概要