サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ市の施策情報公開制度平成28年度 情報公開制度実施報告書>不開示等(部分開示含む)の理由別の状況
 
平成28年度 情報公開制度実施報告書 不開示等(部分開示含む)の理由別の状況

4.不開示等(部分開示含む)の理由別の状況

根拠条項 不開示等の理由 件数 割合(%)
第2条第2号 情報公開の対象外文書(一般に容易に入手で
きる刊行物等に掲載されているため)
2 2.8
第8条第1号 個人に関する情報 24 33.3
第8条第2号 企業の事業活動等に関する情報 18 25.0
第8条第3号 公共の安全と秩序の維持に支障のある情報 1 1.4
第8条第4号 国等との協議等に関する情報 1 1.4
第8条第5号 市の内部の審議、調査等に関する情報 1 1.4
第8条第6号 事務事業の公正、円滑な運営に支障のある情報 5 6.9
第8条第7号 法令等で秘密にされている情報 0 0
第11条 存否不回答 2 2.8
第12条第2項 文書不存在 18 25.0
合計 72 100
 不開示等の理由は重複するものがあるので、件数については述べ件数です。

鎌ケ谷市総務企画部総務課


トップページ市の施策情報公開制度平成28年度 情報公開制度実施報告書>不開示等(部分開示含む)の理由別の状況