鎌ケ谷市事業仕分けの流れ

 鎌ケ谷市で事業仕分けを行うにあたっては、議論のまとめ役となる「コーディネーター」の進行により、以下のとおり行います。
 なお、事業仕分けは2班体制で行い、各班の構成は、「コーディネーター1名」、「仕分け人4名」、「市民評価員10名」の計15名で構成されます。


「鎌ケ谷市事業仕分けの流れ」の図


戻る