事業仕分けの考え方

 市が実施している事業について、「そもそもの必要性」、「実施主体として市がふさわしいか」、「実施方法が効率的・効果的か」といった観点から、第三者が参加した公開の場で議論を通じ、最終的に「不要」、「再検討・見送り」、「国・県・広域」、「市要改善」、「市現行どおり」の区分で仕分けを行います。

「事業仕分けの考え方」の図


戻る