鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページ市の施策地方分権戦略プラン>ワークショップ
 
ワークショップ


1 はじめに
2 ワークショップってなんだろう?
3 ワークショップを計画しよう
4 ワークショップをはじめよう
5 鎌ケ谷市及び近隣市の公的な会議室の状況


1 はじめに

 この冊子は、ワークショップをはじめたいが「何からはじめればいいのか」、「どのように進めていけばいいのか分からない」などと悩んでいらっしやる方達に対し、少しでもお役にたてればと思い作成されたものです。
 この冊子を読んで、多くの方がさっそくワークショップを取り入れてみようか、と思っていただければ、そして実行していただければ幸いです。
 決して難しいことではありません。肩の力を抜いて、まずは同じ目的をもった仲間どうし集まって、気軽にはじめてみませんか。

2 ワークショップってなんだろう?
 最近、「ワークショップ」という言葉をよく耳にするようになりました。
 「ワークショップ」と聞くと、工房、作業場、それとも何かのお店?…等、言葉の意味やイメージをもたれるかもしれません。
 確かに、このような意味はありますが、ここで紹介する「ワークショップ」とは、これらの意味とは少し違います。
 簡単に言いますと、何らかの問題について、みんなでワイワイがやがやいいながら、解決策をさぐったり、何かを決めたりすることです。
 「それはただの話し合いであって、今までも誰でもやってきたことではないのか」、そんな声が聞こえてきそうです。
 確かにそうなのですが、でもその話し合い(ワークショップ)にはちょっとしたルールがあって、いま新しい手法の一つとして注目されているのです。
 では、なぜ単なる話し合いの手法がこんなに注目されるのでしょうか。
 それは話し合いの場が新たな仲間づくりや町おこし、公共施設建設、更には、条例などについて市民と行政がいっしょに案を策定したり、市民どうしであったり、いろいろな場面でこの手法による市民参加が増え、成功しているからです。
 もちろんいきなり建物建設や条例といわれても話が大きく、なんだか取っつきにくいと思われるかもしれませんが、ふだん私たちが生活している中で、日常生活の身近な問題をテーマに、気軽に取り入れれば良いのです。
 なにも難しいことはありません。話し合いたいこと、解決したいことが明確にあれば実際に体を動かし、みんなが何らかの考えを表すということで進めてみてください。
 きっと良いアイディアや新たな視点に気づき、問題解決の糸口をつかむことができるはずです。
 そしてその間題が解決する頃には、良い人間関係も生まれていることでしょう。


3 ワークショップを計画しよう
(1)テーマを決めよう
 ワークショップを開催するにあたり、最終的な目標(ゴール)明確にし、何のためにワークショップを行うのかをまず決めます。
 またそのテーマがワークショップになじむかどうかを考えます。

(2)参加者を募る
  まずは参加者の募集をします。
 方法は、インターネット、声かけ、機関紙などを利用してみましょう。
 また検討テーマによっては、そのテーマに関係する団体に通知を出したり、地域や学校等で説明会を開き、垣根を低くして広く直接呼びかけることが良いでしょう。

(3)検討人数
 集まった人数にもよりますが、目安として、全体で5〜6グループ、1グループ6〜8人が適当です。参加者の人数が予想を上回ってしまった場合でも制限するのではなく、できるだけ受け入れるように、2回に分けるなどして、適切な人数で行いましょう。

(4)開催時間
 会議の時間帯は、平日ならば午後7時頃とか、また土日に開催する場合は日中に開催するなど、メンバーの家庭状況、就労状況などを考慮し、設定していきます。
 1回の開催時間は2〜3時間、現場を見に行く場合は半日程度、状況によっては1日かかる場合もありますが、その日のテーマに応じ、臨機応変に行いましょう。

(5)参加形式
 テーマによっては、参加者を随時参加可能とするか、もしくは固定します。
 例えば、商店街の活性化について広く意見を聞く場合や、地域づくりに関するように地域性がある場合(特にアイディアや、自由な発想を必要とする場合)は、参加者を固定せず随時参加可能とし、逆に意見を積み上げ、何回かにわたるような計画の策定等の場合はメンバーをある程度固定するなど、テーマによって参加形式を変えるのがよいでしょう。

(6)用意するもの
 名札、模造紙、マジック、付せん祇(できるだけ大きいサイズ)、新聞紙(下敷き)、カメラが一般的に用いられています。
 これらのものは各グループの人数分用意しましょう。

(7)費用
 会場賃借料、消耗品や最終的にまとめる場合の印刷代などの雑費代はかかりますので、何人かで分担するのがよいでしょう。
 もちろんあるもので対応できればそれでよいでしょうが、特定の人に負担とならないように考えましょう。
 なお、お茶や弁当は、会議の時間帯、進行状況にもよって必要となる場合もありますが、原則として各自で負担してもらう方がよいでしょう。



4 ワークショップをはじめよう
(1)目標設定しよう
 ワークショップを開催するたびに、本日のテーマ(この会議では何がどこまで決められるのか)を明確にし、時間設定もしっかり行います。
 これは市民の継続的な参加にとって重要な事です。
 だらだらとした取り留めのない会議にならないよう、気をつけましょう。

(2)ガラス張りにしよう
 市民参加の場において、スムーズな進行と信頼関係をつくるためには、可能な限り情報や経験を共有化していくことが重要です。
 必要に応じ、決定過程についても参加者以外の市民の意見を求めていきましょう。

(3)自己紹介しよう
 各グループに分かれたら、まずはメンバーどうしの自己紹介をします。
 これは当たり前のことのようですが、名前と顔が一致した上で検討することは、お互いを知らないで討論するより、活発な話し合いができます。
 また、あまりかしこまらずに似顔絵などを描いたりしながら、ラフな感覚で行うのがよいでしょう。同時に名札の作成もしましょう。

(4)ファシリテーターとは
1.その役割
 ワークショップは「ファシリテ一夕ー」と呼ばれる推進役を一人決めるのが特徴です。
 そのテーマについて他の人よりちょっと詳しいとか、熱心な人がファシリテ一夕ー(推進役)となり、話し合いを進めていきます。
 ファシリテ一夕ーは出された意見に対し、良い悪い等の判断を下すのではなく、また、一つの結論に誘導するものでもありません。参加者みんなが協働してものごとを判断し、決定するための手助けをします。
 あくまで中立的な立場で会議を進め、偏った話し合いにならないように、一人の人ばかり話をするようなことがないよう注意しましょう。
2.事前準備
 ファシリテ一夕ーとしてワークショップをはじめる前に必要な仕事は、一体何がどこまで決まっていて、この会議では何をどこまで決めるのか、正確に把握する事が重要です。
 また、その決まっていることはどうしても動かせないことなのかどうか確認しておきましょう。

(5)共通認識を持とう
 同じ事を知っている、といってもそれがお互いに共通しているとは限りません。また、あるひとつのことについても、それぞれが持つ興味や関心事項は異なります。
 まずは、そのテーマについて皆が持っているイメージ、意見等を出し合い、共通した意見をベースとして皆が納得いくレベルから検討をはじめましょう。

(6)対立する意見には
 話し合いの場において、対立する意見が出ることは決して珍しいことではありません。それをマイナスと受け取ってしまえばスムーズな話し合いはその時点でストップしてしまいます。
 これは新たな意見やアイディアが生まれるきっかけになるのではと、プラスに考える姿勢が大事です。
 参加者の多くの意見にきちんと対応することを第一に考え話し合いを進めていきましょう。

(7)遊び感覚を持とう
 肩の力を抜いて自由な意見、自由な発想、いろいろな角度から話し合いを進め、それぞれの意見を尊重しながら問題を解決します。
 よくある失敗は、楽しいだけの会議で終わってしまい、いったい何が決まったのだろうか、何が残ったのだろうか、ということがあります。これでは意味がありません。
 「今日の集まりではこれを作り上げた。」という成果が見えるようにし、各グループで話し合った内容をお互いに確認する意味でも、会議の最後に、発表する時間を設けましょう。

(8)体験してみよう
 その日のテーマによっては、机上で検討を続けることに限界があったり、意見やアイディアも滞ってしまう場合もあります。
 必要に応じ、実際に現場を見て現状を把握し、確認し合うことも重要です。
 参加者どうしが同じ体験をしながら共通認識を持って検討に臨めば、より良い意見やアイディアを生み出すことにもつながるでしょう。

(9)発展させていこう
 ワークショップを通じ市民どうしの交流が深まれば、そこから新たに独自のグループができたり、地域の活性化につながることもあるでしょう。
 一つのテーマが解決したら、次々に興味のあるテーマを検討し、範囲を広げる自主的な活動を発展させていきましょう。

(10)その他
 何かご不明な点やご意見がありましたら鎌ケ谷市役所企画課までご連絡いただければ幸いです。なお、お手伝いできることがありましたら、併せてお声かけください。
TEL 047−445−1141
FAX 047−445−1400
e-mail sikositu@mx5.mesh.ne.jp


5 鎌ケ谷市及び近隣市の公的な会議室の状況
 鎌ケ谷市及び近隣市(市川市、船橋市、松戸市、白井市、沼南町)にある会議室(施設)を以下にしめす。
 なお、各市の施設の利用規程には、その市町に在住若しくは在勤の者と利用制限を設けている施設もあるため、詳細については各施設に確認すること。

(1)鎌ケ谷市
 施設の窓口か、電話で予約が必要。また、インターネットで登録していれば、まなびぃプラザと公民館についてはインターネットから予約申し込みができる。
施設名 開館時間
(最長)
1時間あたりの利用料 電話番号 休館日
鎌ケ谷コミュニティセンター 9:00〜22:00 100円〜200円 444-4292 年末年始など
南初富コミュニティセンター 9:00〜22:00 100円〜 200円 444-4293 年末年始など
道野辺中央コミュニティセンター 9:00〜22:00 100円〜 200円 445-6203 年末年始など
くぬぎ山コミュニティセンター 9:00〜22:00 100円〜 300円 047-389-1401 年末年始など
北中沢コミュニティセンター 9:00〜22:00 100円〜 200円 442-2011 年末年始など
社会福祉センター 9:00〜20:00 300円〜1,000円 444-0121 火・祝祭日・
年末年始
まなびぃプラザ 9:00〜21:30 100円〜 200円 446-1111 年末年始など
中央地区学習等供用施設 9:00〜22:00 100円〜 200円 441-0833 年末年始など
中央公民館 9:00〜22:00 100円〜 300円 445-2012 年末年始など
東部公民館 9:00〜22:00 100円〜 200円 443-2003 年末年始など
北部公民館 9:00〜22:00 100円〜 200円 446-1076 年末年始など
南部公民館 9:00〜22:00 100円〜 200円 446-3031 年末年始など
東初富公民館 9:00〜22:00 100円〜 200円 446-5555 年末年始など

次の施設は、市社会福祉協議会へ申し込み
総合福祉保健センター 9:00〜21:30 無料 4445-1141 年末年始など


(2)市川市
 公民館の会議室が利用できる。利用については各館に直接申し込み。
施設名 開館時間 1時間あたりの利用料 電話番号 休館日
中央公民館 9:00〜21:00 50円〜 250円 047-334-4279 月曜日、国民の祝日(祝日が月曜日と重なった場合は翌日)、年末年始
東部公民館 9:00〜21:00 70円〜1,100円 047-337-8886
西部公民館 9:00〜21:00 50円〜1,000円 047-373-8175
行徳公民館 9:00〜21:00 100円〜 950円 047-356-0763 月の最終月曜日、国民の休日、年末年始
曽谷公民館 9:00〜21:00 150円〜1,350円 047-372-2871 月曜日、国民の祝日(祝日が月曜日と重なった場合は翌日) 、年末年始
南行徳公民館 9:00〜21:00 50円〜1,100円 047-356-7371 月曜日、国民の祝日(月曜日と重なった場合は翌日)、年末年始
市川公民館 9:00〜21:00 100円〜 400円 047-321-1171 月曜日、国民の祝日(祝日が月曜日と重なった場合は翌日も)、年末年始
信篤公民館 9:00〜21:00 100円〜 450円 047-327-6807 月曜日、国民の祝日(祝日が月曜日と重なった場合は翌日)、年末年始
市川駅南公民館 9:00〜21:00 150円〜1,200円 047-370-3564 国民の休日年末年始、月の最終月曜日
若宮公民館 9:00〜21:00 50円〜 270円 047-336-7958 国民の休日、年末年始、月の最終月曜日
大野公民館 9:00〜21:00 100円〜 270円 047-339-3400 国民の祝日、年末年始、月の最終月曜日
幸公民館 9:00〜21:00 100円〜 300円 047-398-0481 月曜日、国民の祝日(祝日が月曜日と重なった場合は翌日)、年末年始
柏井公民館 9:00〜21:00 50円〜 200円 047-338-2988 月曜日、国民の祝日(祝日が月曜日とかさなったときは翌日)、年末年始
本行徳公民館 9:00〜21:00 100円〜 200円 047-359-1351 月曜日、国民の休日(月曜日と重なった場合は翌日)、年末年始
鬼高公民館 9:00〜21:00 100円〜 270円 047-334-2612 月曜日、国民の祝日(祝日が月曜日と重なった場合は翌日)、年末年始


(3)船橋市
  利用の申し込みは、利用する2カ月前の初日(土・日・祝日を除く)から、電話又は直接各館へ
  なお受付時間は9:00〜17:00(休館日を除く)
施設名 開館時間 区分ごとの利用料 電話番号 休館日
中央公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 434-5551 各館共通
毎月最終月曜日、祝休日(日曜日と重なったときは開館)、年末年始
東部公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 477-7171
西部公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 047-333-5415
北部公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 457-0433
夏見公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 423-5119
法典公民館 9:00〜21:30 500円〜 3,800円 438-3203
二和公民館 9:00〜21:30 500円〜10,800円 447-3200
三田公民館 9:00〜21:30 500円〜 3,400円 477-2961
海老が作公民館 9:00〜21:30 700円〜 7,200円 464-8232
高根公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 438-4112
習志野台公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 463-2231
小室公民館 9:00〜21:30 500円〜 3,400円 457-5144
葛飾公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 437-5072
浜町公民館 9:00〜21:30 700円〜 7,200円 434-1405
飯山満公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 424-4311
宮本公民館 9:00〜21:30 500円〜10,800円 424-9840
三咲公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 448-3291
塚田公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 438-2610
新高根公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 469-4944
八木が谷公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 448-5030
丸山公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 439-0118
薬円台公民館 9:00〜21:30 500円〜10,800円 469-4535
松が丘公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 468-3750
高根台公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 461-7061
海神公民館 9:00〜21:30 500円〜 7,200円 420-1001
勤労市民センター 9:00〜21:00 500円〜11,800円 425-2551 毎週月曜日、祝休日の翌日(月曜日が祝日の場合はその翌日も)、年末年始
三山市民センター 9:00〜21:30 600円〜10,800円 473-3100 毎月第2土曜日、年末年始
女性センター 9:00〜22:00 500円〜 1,900円 423-0757 毎週日曜日、祝休日、年末年始


(4)松戸市
 利用申し込みは利用の3カ月前から受け付け。
施設名 開館時間 1時間ごとの利用料 電話番号 休館日
明市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-368-6700 毎月第3月曜日、年末年始
稔台市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-367-6420 毎月第2月曜日、年末年始
古ヶ崎市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-367-7700 毎月第4月曜日、年末年始
常磐平市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-387-2529 毎月第1月曜日、年末年始
八柱市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-388-3570 毎月第4月曜日、年末年始
小金市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-343-8641 毎月第4月曜日、年末年始
小金北市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-343-3191 毎月第3月曜日、年末年始
小金原市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-344-8268 毎月第2月曜日、年末年始
六実市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-385-0116 毎月第1月曜日、年末年始
五香市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-386-8300 毎月第3月曜日、年末年始
松飛台市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-386-6000 毎月第2月曜日、年末年始
馬橋東市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-346-2055 毎月第3月曜日、年末年始
八ヶ崎市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-348-6667 毎月第4月曜日、年末年始
新松戸市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-343-6500 毎月第1月曜日、年末年始
馬橋市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-342-9690 毎月第2月曜日、年末年始
二十世紀が丘市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-392-7021 毎月第1月曜日、年末年始
東部市民センター 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-391-3701 毎月第4月曜日、年末年始
市民会館 9:00〜21:00 無料 〜 800円 047-368-1237 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
勤労会館 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-365-9666 毎月第3木曜日、年末年始
矢切公民館 9:00〜21:00 150円〜 850円 047-368-1214 毎月第4月曜日、年末年始


(5)白井市
施設名 開館時間
(最長)
1時間あたりの利用料 電話番号 休館日
中央公民館 9:00〜21:00 100円〜 500円 491-5260 月曜日、祝休日、年末年始
西白井公民館 9:00〜21:00 150円〜 500円 492-1011 月曜日、祝休日、年末年始
白井駅前公民館 9:00〜21:00 100円〜 500円 497-1151 月曜日、祝休日、年末年始
学習等供用施設 9:00〜21:00 150円〜 500円 446-1911 月曜日、祝休日、年末年始
桜台公民館 9:00〜21:00 150円〜 500円 492-7111 月曜日、祝休日、年末年始
勤労青少年ホーム 9:00〜21:00 100円〜 500円 492-5266 月曜日、祝休日、年末年始
青少年婦人センター 9:00〜21:00 無料 492-2022 日曜日、祝休日、年末年始


(6)沼南町
 利用申請は2カ月前から受け付け。
施設名 開館時間 1時間ごとの利用料 電話番号 休館日
中央公民館 9:00〜21:00 310円〜 730円 04-7192-1111 月曜日、祝休日、年末年始
社会福祉センター 9:00〜21:00 300円〜 500円 04-7193-2941 土曜日・日曜日、祝休日、年末年始
高柳コミュニティセンター 9:00〜21:00 200円〜 500円 04-7193-1160 月曜日、祝休日(祝日が月曜日の時は翌日も休館)


トップページ市の施策地方分権戦略プラン>ワークショップ