鎌ケ谷市重度心身障がい者(児)医療費助成制度の
一部改正について


1 現在の制度(図1参照
 医療費助成方法については、医療機関の窓口で一旦医療費全額を支払い、市(障がい福祉課)へ領収書・請求書を提出することで、後から指定口座に医療費が振り込まれる「償還払い方式」でした。

2 制度変更後(図2参照
  • (1) 医療機関の窓口で一定の自己負担金をお支払いいただき、窓口で被保険者証と重度心身障がい者(児)医療費助成受給券を提示していただければ、その場で精算される「現物給付方式」へ変更します。ただし、丸付き数字1から丸付き数字3の場合は「償還払い方式」となります。
 丸付き数字1 県外の医療機関を受診した場合
 丸付き数字2 医療機関の窓口で受給券を提示しなかった場合
 丸付き数字3 対象外の保険(※)の場合
  • ※千葉県外の保険(市町村国保、国保組合、後期高齢者医療)に加入している方、全国の国保組合(全国土木建築国民健康保険組合、中央建設国民健康保険組合、全国建設工事業国民健康保険組合を除く)に加入している場合は、対象外となります。

  • (2)自己負担
    通院1回、入院1日につき300円を負担いただきます。(保険調剤は無料)
    但し、市町村民税所得割非課税世帯は無料
    ※入院時食事療養費は全額自己負担
    ※自己負担金算定に係る税区分の認定は保険世帯単位で行ないます。

  • (3)対象者
    身体障害者手帳1・2級
    療育手帳丸付きAの1・丸付きAの2(丸付きAを含む)・Aの1・Aの1
    • ※平成27年8月1日以降、新規に手帳を交付された方で65歳以上方に関しては、同制度の対象外となります。

3 変更時期
平成27年8月1日診療分から(平成27年7月31日までの診療分につきましては、引き続き償還払いで対応いたします。)

4 イメージ図
制度変更のイメージ図


【鎌ケ谷市重度心身障がい者(児)医療費助成と鎌ケ谷市子ども医療費助成の両方に該当している皆様へ】
平成27年8月1日以降は鎌ケ谷市子ども医療費助成制度を優先して利用していただくこととなるため、鎌ケ谷市重度心身障がい者医療費助成受給券は発行いたしません。
  • ※平成27年7月31日診療分までの医療費については、鎌ケ谷市子ども医療費助成制度の自己負担額300円についても、鎌ケ谷市重度心身障がい者医療費助成制度の対象として助成いたしますが、平成27年8月1日以降の診療分に関しては、対象外となります。

【医療機関等関係者の皆様へ】
平成27年8月1日から、一部助成方法の変更が生じますので、医療機関関係者の皆様にお知らせいたします。
参考:千葉県ホームページ 
    重度心身障害者(児)医療給付改善事業の改正について
    HPアドレス https://www.pref.chiba.lg.jp/shoufuku/service/iryou-2/juudo.html


現物給付の流れ

現物給付の流れの図


【掲載担当課】 障がい福祉課庶務係(電話)047−445−1305