毎月第3日曜日は『家庭の日』
〜大切にするよ 家族の(きずな)


  「家庭の日」とは、家族の語らいや活動を通して親子がふれあい、社会全体で明るく健康な家庭づくりを心がける日です。家庭は、私たちの生活の基盤であり、家族の心のよりどころでもあります。また、子どもたちにとっては、生きるルールを覚える最初の学校であり、人格が形成されていく場でもあります。
 千葉県では毎月第3日曜日を「家庭の日」と定め、さまざまな団体が啓発運動を推進しています。市においても、家庭の大切さ、家庭の役割の素晴らしさについて改めて考える機会としてもらうため、「家庭の日」啓発事業を行っていきます。
 忙しい毎日の中では、家族のふれあいが薄れがちですが、「家庭の日」には、家族みんなで話し合いやスポーツ・レクリエーションをしたり、地域の行事に参加したり、そろって食事をするなど、家族で楽しい団らんのひとときを過ごしてみませんか。「家庭の日」をきっかけにして、家庭の大切さや家族のあり方について見つめ直してみましょう。


家庭の日イラスト


【掲載担当課】 生涯学習推進課 生涯学習推進係
(電話)047−446−1111