臨時福祉給付金(経済対策分)について



臨時福祉給付金(経済対策分)とは?

 消費税率の引上げ(8%→10%)が2年半延期されたことを踏まえ、経済対策の一環として、社会全体の所得の底上げに寄与するとともに、低所得者の安心感を確保するため、一人につき15,000円を支給します(1回限りの支給です)。

支給対象者について

 平成28年1月1日時点で鎌ケ谷市に住民票があり、平成28年度分の住民税が課税されていない方が対象となります。ただし、課税者の扶養となっている方、生活保護を受給されている方、申請前に亡くなっている方などは対象となりません。
 申請書を提出いただいた方であっても、必ずしも全員が支給対象となる訳ではありません。審査に基づいて決定いたします。

申請期間について

 平成29年2月15日から6月15日まで(当日消印有効)となります。必ず申請期間内に申請してください。(申請期間外に提出された場合、支給対象であっても支給することはできなくなります。)
 なお、給付金の支給対象であると思われる方には、平成29年2月13日以降に郵送で申請書を送付いたします。(支給対象であると思われるにもかかわらず、申請書が届かない場合は、鎌ケ谷市臨時福祉給付金支給事業推進本部(社会福祉課)までご連絡ください。)

支給時期について

 平成29年3月下旬以降となります。

給付金をよそおった詐欺等にご注意ください

 市や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。
 ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
 市や厚生労働省などが「臨時福祉給付金」の給付のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。
 現時点で、市や厚生労働省が皆さまの世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報をお尋ねすることは絶対にありません。
 このようなことがございましたら、鎌ケ谷警察署等にご相談ください。

配偶者からの暴力を理由に避難されている方(DV被害者)について

 給付金の支給対象者のうち、配偶者からの暴力を理由に避難している方については、事情により、居住地にて給付金の申請を行うことができます。詳細については、鎌ケ谷市臨時福祉給付金支給事業推進本部(社会福祉課)までお問い合わせください。

臨時福祉給付金の問い合わせ

鎌ケ谷市臨時福祉給付金支給事業推進本部(社会福祉課)
電話番号 047−445−1298
運営時間 午前8時30分〜午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日は除く)

厚生労働省「二つの給付金専用ダイヤル」
 厚生労働省でも臨時福祉給付金の制度についての相談を受け付けています。
電話番号 0570−037−192
運営時間 午前9時〜午後6時 (土曜日・日曜日・祝日は除く)

関連リンク



【問い合わせ】 社会福祉課保護係(電話)047−445−1298