「電気さく」を設置する際の
安全確保及び事故防止のお願い


平成27年7月19日に、鳥獣による観賞用植物への被害防止を目的として設置された電気さくによる感電死傷事故が発生しました。本事故を受け、関係省庁は連携して広く注意喚起を行っております。このような痛ましい事故の再発を防止するため、皆様のご協力をお願いします。

 「電気さく」は、田畑や牧場などで、電気刺激によって、野生動物の侵入や家畜の脱出を防止する「さく」のことです。その設置にあたっては、人に対する危険防止のため、電気事業法に基づき、1(数字)危険である旨の表示、2(数字)電気さく用電源装置の使用、3(数字)漏電遮断器の設置、4(数字)専用の開閉器(スイッチ)の設置、を行う必要があります。「電気さく」を設置する際は、ルールを守り、適切な利用をお願いします。

 また、「電気さく」に感電することを防止するため、「電気さく」と思われる「さく」を見かけた場合には、むやみに近づかないよう、十分ご注意ください。

 経済産業省が「電気さく」を設置する際の主な注意点をまとめたパンフレットはこちら(PDF:1.14MB)になります。
 なお、「電気さく」の設置に関するお問い合わせは、お近くの経済産業省の産業保安監督部等までお願いします。




【掲載担当課】 農業振興課農政係(電話)047−445−1233