農産物の放射性物質分析機器の導入について


 市では、市内産農産物の放射性物質の安全性の確保と、生産者や消費者の不安解消のため、放射性物質分析機器(簡易型ガンマ線スペクトロメータ)を導入しました。
 今後は、市の検査計画に基づき順次検査を行い、検査結果について公表していく予定です。

●検査機器について
EMF211型ガンマ線スペクトロメータ(EMFジャパン社製)

●平成23年度検査計画
8月から3月までに65検体の検査を予定しています。

●関連情報リンク
千葉県(県産農産物の放射能モニタリング検査結果)
農林水産省(農林漁業者の方々へ)

【お問い合わせ】 鎌ケ谷市役所(代表)047−445−1141 
農業振興課(内線)243・259