介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)のご案内


■サービス事業者の方はこちらをご覧ください。

1 介護予防・日常生活支援総合事業とは

 介護予防・日常生活総合事業(以下、総合事業といいます。)とは、市区町村で 行う地域支援事業のひとつとして、地域の特性に応じた住民主体の通いの場など、多様な社会資源を活用しながら、さまざまな支え合う仕組みが利用できるようにサービスなどを提供する事業です。

 総合事業は、要支援に認定された方が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」で構成されます。

 平成29年度までにこの総合事業をすべての市区町村で実施することになっており、鎌ケ谷市では平成29年4月に移行します。

2 総合事業の概要

 地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実させることで、地域の支え合い体制づくりを推進し、要支援等に対する効果的・効率的な支援等を段階的に充実させていきます。
図:総合事業の概要

3 提供されるサービス

 現行相当の訪問及び通所型サービス(平成29年4月から実施)
 従来の介護予防訪問(ホームヘルプサービス)及び通所介護(デイサービス)です。
 サービス内容及び利用料は今までと同様です。

 緩和した基準による多様なサービス(準備が整い次第実施)
 身体介護を伴わない、掃除や洗濯などの生活援助です。

4 総合事業の対象者

 要支援認定(要支援1又は要支援2)を受けた方

5 利用手続き

 介護保険の要支援1又は要支援2の認定を受けた方が利用できます。

 また、既に要支援の認定を受けている方は、認定の有効期間が切れ、新たに要支援の認定を受けた方から、順次総合事業に移行します。
 サービスの利用につきましては、担当の地域包括支援センターか、担当のケアマネジャーにご相談してください。
図:サービス利用までの流れ

6 一般介護予防事業の取組み

 介護予防に関するパンフレット配布や役立つ住民主体の通いの場づくりや、住民主体の健康づくりの活動や介護予防の支援を充実させます。



【掲載担当課】 高齢者支援課介護支援係(電話)047−445−1384