肝炎ウイルス検査を受けましょう 


 肝炎ウイルスは、感染しても自覚症状がないため感染に気付かないことも多く、適切な治療をせずに放置していると、肝硬変から肝がんに進行すると言われています。
 肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査で調べることができます。今まで肝炎ウイルス検査を受けたことがない方は、早期に一度、肝炎ウイルス検査を受けましょう。
 肝炎ウイルス検査を希望される方は、以下の方法で受けることができます。

健康福祉センター(保健所)で実施する肝炎ウイルス検査
https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/kanen/hokenjo.html
 検査料金は無料・予約制・匿名で受けることができます。
 受付日時は、各健康福祉センター(保健所)によって異なりますので、事前にお問い合わせください。
問い合わせ
各健康福祉センター(保健所)
最寄りの健康福祉センター:習志野健康福祉センター
(電話)047−475−5151
(FAX) 047−475−5122

◎千葉県が委託した医療機関での肝炎ウイルス検査
https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/kanen/index02.html
 千葉県が委託した病院や診療所において、無料で検査を受けることができます。
 検査料金は無料です。
問い合わせ
千葉県庁健康福祉部疾病対策課
(電話)043−223−2665
(FAX) 043−224−8910

◎鎌ケ谷市が実施する肝炎ウイルス検査
対象:
(1)40歳(平成31年3月31日時点の年齢)の方
申し込みは不要で、3月末に受診案内を送付します。検査費用は無料です。
(2)45・50・55・60・65・70歳(平成31年3月31日時点の年齢)の方で、肝炎ウイルス検診を受けたことがない方
申し込みは不要で、3月末から順次、受診案内を送付します。一部自己負担金700円です。市内委託医療機関で受けられます。
(3)40歳以上で、(1)(2)に該当されない方で肝炎ウイルス検診を受けたことがない方
事前の申込みが必要です。一部自己負担金700円です。市内委託医療機関で受けられます。
  • *75歳以上の方は無料です。また平成29年度市民税非課税世帯、生活保護世帯に属する方は、無料券の申請をすると、健康増進課で市民税額を確認の上、発行します。詳しくは下記にお問い合わせください。


肝炎ウイルスに感染している可能性が高いと判定された方へ
鎌ケ谷市肝炎ウイルス検査陽性者フォローアップ事業

 鎌ケ谷市で行った肝炎ウイルス検査により、肝炎ウイルスに感染している可能性が高いと判定された方は、現在、肝炎ウイルスに感染しているか、過去に感染していたと考えられます。
 肝炎にもいろいろな状態があり、それに合わせて行われる治療も異なります。現在では、早い時期に肝臓の状態を正確に把握し、適切な治療に結びつけば完治することが多くなりました。ぜひ、精密検査でより詳しい検査をお受けください。
 千葉県では、肝炎ウイルス検査の初回精密検査の費用の助成を行なっています。対象者は健康保険証をお持ちの方で、肝炎検査から1年以内に「鎌ケ谷市肝炎ウイルス陽性者フォローアップ事業参加同意書」を持参し、知事が指定する医療機関で精密検査を受けた方等が対象となります。
 助成には一定の要件がありますので、ご不明な点は、千葉県健康福祉部疾病対策課感染症医療班 (電話番号043−223−2665)までお問い合わせください。

日常生活で注意することは・・・
 肝炎ウイルスは、血液を介して感染します。くしゃみや咳・抱擁・食べ物・飲み物・食器やコップの共用・入浴・日常の接触では感染しません。次のことに注意して普通の日常生活をしていれば、周囲の人への感染はほとんどありません。
  • ●血液が付着する可能性のある、カミソリや歯ブラシなどの日用品の共用は避けましょう。ケガ、皮膚炎、鼻血などはできるだけ自分で手当てをし、また、他の人が手当てをする場合は、血液や分泌物をつけないように注意をしましょう。
  • ●口の中に傷がある時は、乳幼児に口移しで食物を与えないようにしましょう。
  • ●性行為で感染することもありますので、配偶者が免疫を持っているかどうかを検査し、免疫がない場合には、ワクチンを接種することにより、感染を防ぐことができます。なお、ワクチンの接種については、医師に相談してください。

問い合わせ
鎌ケ谷市健康増進課予防係
(電話)047−445−1390
(FAX) 047−445−8261