子宮頸がん予防ワクチン予防接種について


現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を
積極的にはお勧めしておりません

  子宮頸がん予防ワクチン予防接種については、平成25年4月1日より予防接種法に基づく定期接種として実施しておりますが、平成25年6月14日付け厚生労働省健康局長通知があり、定期接種として継続しますが、積極的な接種の勧奨は行わないことになりました。
 以降、接種を希望される方は、子宮頸がん予防ワクチン予防接種の効果と副反応を十分理解した上で、接種をお願いします。詳細については、下記厚生労働省のリーフレットをご参照ください。

 この対応は、平成25年6月14日に開催された、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的にみられたことから、その副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされたことによります。

厚生労働省作成リーフレット⇒
子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(PDF:1.34MB)



【問い合わせ】 健康増進課予防係
(電話)047−445−1390
(FAX) 047−445−8261