市内全域を対象とした空家等実態調査を実施します
(ご協力のお願い)


 近年、空家等の増加や、老朽化した空家等は大きな社会問題の一つになっており、国は「空家等対策の推進に関する特別措置法」を定めました。
市では、この法律に基づき空家等の実態を把握するために、市内全域において調査を実施します。
 市が委託した調査業者の調査員が、空家等と思われる建物について道路上からの目視による外観調査及び写真撮影を実施します。
 調査員は、市発行の身分証明書を携帯し、腕章を着用しています。不審に思われたときは、身分証明書の提示を求めてくださるようお願いします。
また、空家等と思われる建物の所有者の方には、郵送にてアンケート調査をおこないますので、ご理解とご協力をお願いします。
 なお、この調査では訪問や電話等での問い合わせはおこなわず、道路上からの調査や郵送によるアンケートを実施します。


1 空家等実態調査の目的
 「空家等と思われる建物」の建物や敷地の状況、利用の状況等を把握するため空家等現地調査を実施します。また、その建物の所有者等に利用状況や今後の利用に関するアンケート調査を実施します。調査結果は、空家等の実態を把握したうえで、空家等対策計画を策定する基礎資料とします。

2 空家等現地調査
調査対象
市内全域の建物を対象としています。
調査実施期間(予定)
平成29年10月から平成30年3月まで
空家等現地調査
建物、敷地及び利用の状況を把握するための項目について調査を実施します。
調査方法
道路上からの外観目視による調査
※空家等と思われる建物は、写真撮影を行う場合があります。

3 調査員について
 調査業者 アジア航測株式会社
 調査員 調査員は鎌ケ谷市発行の身分証明書と腕章をつけています。

(身分証明書)
画像:身分証明書サンプル

(腕章)
画像:腕章サンプル

4 アンケート調査について
調査内容
空家等と思われる建物を所有している方を特定し、建物や敷地の管理状況や利用等に関する意向について調査します。
調査対象
空家等実態調査の結果から「空家等と思われる建物」を所有している方
期間(予定)
平成30年1月頃
調査方法
「空家等と思われる建物」を所有している方へ、アンケートを郵送します。
〔アンケートを受け取った方へのお願い〕
空家等の問題解決に向けた検討を進めるために、皆様から回答いただいたアンケート結果を役立てたいと考えています。アンケートにご協力をお願いします。


【掲載担当課】 建築住宅課住宅係(電話)047−445−1472