市営住宅における吹付けアスベストの使用実態について


 鎌ケ谷市では、アスベストが使用された市営住宅の状況について、基準値を超える飛散がないことを確認しており、更にすべての対策工事は完了しています。

 しかしながら、公営住宅等に使用されたアスベストに係る一連の報道を受け、鎌ケ谷市の市営住宅の状況を公表するとともに、相談窓口を設置しました。

1 吹付けアスベスト等(※1)の使用実態について
 居室等(※2)において吹付けアスベストが確認された市営住宅
団地名 所在地 管理開
始年度
住棟
番号
アスベスト等の使用部位 対策
工事
対策
工事
実施
年度
備考
長谷津
市営
住宅
中央
2-22-4
S55 D棟 1階から3階の住戸(計12戸)の天井仕上げ材。
なお、4階については建設当初からアスベストは使用していません。
H18 201号室のみH22年度に吹付材撤去
長谷津
市営
住宅
中央
2-22-5
S54 E棟 1階から3階の住戸(計12戸)の天井仕上げ材。
なお、4階については建設当初からアスベストは使用していません。
H18

 吹付けアスベスト等の使用の有無の確認前に対策を行った市営住宅
団地名 所在地 管理開
始年度
住棟
番号
アスベスト等の使用部位 対策
工事
対策
工事
実施
年度
備考
長谷津
市営
住宅
中央
2-22-6
S49 F棟 アスベスト含有の有無は不明ですが、H7に対象となる1階から3階の住戸(計12戸)の天井仕上げ材については撤去済み。
なお、4階については建設当初からアスベストは使用されていません。
H7

(※1)アスベストの種類:ひる石系吹付材(トレモライト)
(※2)居室、台所、便所、玄関等


2 市営住宅のアスベストに関する相談窓口

 市営住宅の住戸で、アスベストが使われていたかどうかの相談に応じるほか、対策工事に関する情報を提供します。
 また、健康相談についてもご案内します。
 (土日祝日を除く8時30分から17時15分)


窓口 建築住宅課住宅係(電話)047−445−1472