平成29年度
大気汚染防止のための冬期対策の実施について


  冬期は空気がよどみやすい気象状況が多く、1年の間で最も大気汚染が進行しやすい季節となることから、下記のとおり、窒素酸化物等の大気汚染物質の排出を抑制するための対策メニューを実施していただくようご協力お願いいたします。

1.実施期間 平成29年11月〜平成30年1月
2.対策メニュー

●県民が実施する対策メニュー
  • □室内の暖房温度は20度を目途に設定しましょう
  • □重ね着などの工夫に心掛けましょう
  • □太陽光等の自然エネルギーを活用しましょう
  • □自転車や公共交通機関を積極的に利用しましょう
  • □自動車を使用する場合は、環境負荷の少ない車を選びましょう
  • □急発信・急ブレーキを行わない等のエコドライブを実施しましょう

●事業者・団体が実施する対策メニュー
<ばい煙発生施設を使用している事業者>
  • □施設の燃焼管理を適正に行いましょう
  • □燃料使用量を削減しましょう
  • □窒素含有量の少ない燃料へ転換しましょう
  • □排ガス処理装置を適正に管理しましょう

<自動車を使用・利用している事業者> ※11月はエコドライブ推進月間です 
  • □業務用車両の効率的な使用に努めましょう
  • □自動車の買い替え時や使用時には、九都県市指定低公害車又は最新規制適合車を優先して選びましょう
  • □急発信・急ブレーキを行わない等のエコドライブを実施しましょう
  • □貨物の運送にあたっては、環境により良い自動車で運送ができる事業者に依頼しましょう
  • □従業員(職員)の自家用車による通勤を最小限にしましょう

<共通事項>
  • □大気汚染防止のための冬期対策メニューの内容について、社内、関連企業・関係者・利用者に周知しましょう
  • □節電に努めましょう。
  • □室内の暖房温度は20℃を目途に設定しましょう


問い合わせ 千葉県環境生活部大気保全課大気指導班
      (電話) 043−223−3802
     ホームページ http://www.pref.chiba.lg.jp/taiki/toukitaisaku.html



【掲載担当課】 環境課環境保全係(電話)047−445−1229