国民健康保険特定健康診査・特定保健指導のお知らせ

―年に1度の健診であなたの健康チェックをしませんか?―


 
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、蓄積されすぎた内臓脂肪が、体に対していろいろな悪さをして、生活習慣病(心臓病・脳卒中・糖尿病などの疾患)の引き金になっているといわれています。特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣病の予防・改善のために行います。


対象者は?

鎌ケ谷市国民健康保険に加入している40歳から74歳までの人です

  • ※75歳以上の人(65歳以上で一定の障がいのある人を含む)には、後期高齢者健康診査を行っています。受診方法等については、表1をご参照ください。
  • ※会社などの健康保険にご加入中の人及びそのご家族の人などは、加入している医療保険者が特定健康診査及び特定保健指導を行いますので、勤務先などにお問い合わせください。医療保険者は健康保険証に記載されています。

どんな健診が受けられるの?

●問診 自覚症状、服薬歴、既往歴、喫煙歴  など
●理学的検査 身体診察
●身体計測 身長、体重、腹囲、BMI(体重÷身長2から割り出される肥満指数)
●血圧測定 
●血液検査
血中脂質検査
中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
肝機能検査
AST(GOT)、ALT(GPT)、γ―GT(γ―GTP)
血糖検査
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)
腎機能検査
血清クレアチニン、eGFR
尿酸代謝検査
血清尿酸
●尿検査 尿糖、尿たんぱく
※一定の基準により、貧血検査、心電図検査、眼底検査を実施することもあります


特定健診の流れ

特定検診の流れの図
※その他、詳細については表1をご参照ください。


特定保健指導とは?

  メタボリックシンドロームの該当者・予備群の人等を対象に保健師や管理栄養士が行う生活習慣改善のサポートです。無料で実施しています。特定保健指導には動機づけ支援と積極的支援があります。ご利用については電話でお申し込みください。
〈動機付け支援〉
 メタボリックシンドロームによる生活習慣病のリスクが出現し始めている人が対象となります。はじめに、保健師や管理栄養士と一緒に生活習慣を見直し、行動目標をたてます。半年間後に目標の達成度や体調についてお尋ねします。
〈積極的支援〉
 メタボリックシンドロームによる生活習慣病のリスクが重なっている人が対象となります。動機付け支援と同様に保健師や、管理栄養士と一緒に生活習慣を見直し、行動目標をたて、半年間、電話などで定期的にご様子を伺いながら健康づくりのサポートを行います。
※運動講座
 動機付け支援、積極的支援利用者の人、健診結果にて血圧・脂質・血糖等が保健指導判定値の人を対象に、週1回程度、運動指導士による運動講座を実施します。1回2時間程度の脂肪燃焼を目的とした講座になります。
 身体への負荷を伴いますので、条件によりご利用できない場合があります。

問い合わせ先

国民健康保険特定健康診査・特定保健指導に関すること…

保険年金課保健事業係(電話)047−445−1418

後期高齢者健康診査に関すること…

保険年金課後期高齢者医療係(電話)047−445−1207