平成20年4月から
  老人保健法にかわる新たな制度が実施されます!




後期高齢者医療制度がはじまります!



 平成20年4月から、「高齢者の医療の確保に関する法律」の施行により、現行の老人保健法にかわり、新たに独立した医療制度『後期高齢者医療制度』がはじまります。対象者は75歳以上の後期高齢者と一定の障がい認定を受けている65歳以上75歳未満の方となります。


◎後期高齢者医療制度の被保険者となる人

 新たな医療制度の被保険者となる方は、75歳以上の方および一定の障がいのある65歳以上75歳未満の方です。これは現行の老人保健制度における老人医療対象者と同じです。
※健康保険組合などの被扶養者であった方も後期高齢者医療制度の対象となり、加入後は国民健康保険、健康保険組合、政府管掌保険、共済組合などの被保険者ではなくなります。


◎ 加入する日

 後期高齢者医療制度の被保険者の資格を得たときからです。資格を得るのは次のようなときです。
◇75歳になったとき(75歳の誕生日当日から)
◇75歳以上の方が鎌ケ谷市に転入した日から
◇65歳以上75歳未満の一定の障がいのある方が申請して広域連合から認定を受けた日から


◎ 被保険者証(保険証)

 後期高齢者医療制度の被保険者には、新しい高齢者医療制度独自の被保険者証(保険証)が一人に1枚交付されます。被保険者証は、制度施行時に加入者である方には平成20年3月にお手元に届く予定です。


◎保険料

  保険料は被保険者個人単位で算定・賦課されます。今まで自分で保険料を支払っていなかった健康保険組合などの被扶養者の人も保険料を負担します。
 保険料の支払いは、原則、年金からの天引き(特別徴収)となります。ただし、年金支給額が年額18万円以下の場合、もしくは介護保険料と合わせた保険料が、年金支給額の2分の1を超える場合は天引きの対象とならず普通徴収となります。

※保険料額は、(1)被保険者均等割額と(2)所得割額の合計です。(限度額50万円)。
(1)被保険者均等割額 37,400円 (加入者全員が人数割りで負担する額)
(2)所得割額 7.12% (加入者の所得に応じて負担する額)


◎ お医者さんにかかるとき

  お医者さんにかかるときは、国民健康保険や社会保険などの被保険者証にかわり、千葉県後期高齢者医療広域連合が交付する保険証をお持ちください。
 窓口では、現在の老人保健制度と同じく、かかった医療費の一部(1割。ただし、現役並み所得者は3割)を負担していただきます。



◎ 受けられる給付

 老人保健制度で受けていたときと同様の給付が受けられます。


◎ 運営のしくみ

 後期高齢者医療制度の運営は、県内の全市町村で構成する千葉県後期高齢者医療広域連合が主体となり、保険料の決定、保険証の交付、医療を受けたときの給付などを行います。
 鎌ケ谷市では、保険料の徴収、各種申請・届け出の受け付け、保険証の引き渡しなど、被保険者のみなさんにとって身近な窓口業務を行います。





問い合わせ先

◎鎌ケ谷市市民生活部保険年金課
    電話 445−1141(内)262・263
◎千葉県後期高齢者医療広域連合
    電話 043−223−0075(総務課) / 043−308−6768(業務課)




リ ン ク

◎千葉県後期高齢者医療広域連合のホームページ
  http://www.kouiki-chiba.jp/index.html

◎千葉県健康福祉部保健指導課のホームページ
  http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/c_hoken/index.html



【掲載担当課】 鎌ケ谷市役所(代表)047−445−1141 
市民生活部保険年金課(内線)262・263