平成29年4月1日からごみの分別が一部変更になります


 市民の皆さまの利便性の向上、ごみ処理施設の故障リスク軽減のため、一部のごみの出し方を変更します。

1 ガスボンベ・スプレー缶
 ガスボンベ・スプレー缶は、今まで中身を使い切ったあと穴を空けて出すようお願いしていましたが、受け入れ先の準備ができましたので平成29年4月1日からは必ず中身を使い切った上でそのまま資源になるものの日に「空き缶類」として出すようお願いいたします。

ガスボンベ・スプレー缶の処分方法


2 水銀血圧計・水銀体温計
 従来、燃やさないごみとして収集していましたが、水銀による環境汚染を防止するため、水銀血圧計や水銀体温計はクリーン推進課またはクリーンセンターしらさぎに直接持ち込んでいただくようになります。

水銀血圧計・水銀k体温計の処分方法


3 ビデオテープ・カセットテープ
 従来、ビデオテープやカセットテープは、「燃やさないごみ」として処理していましたが、処理する工程の中でごみを細かくする機械に巻き付き作業効率の低下や機械の故障の要因となっていました。それらを改善し効率的なごみ処理を行うため、分別区分を燃やすごみとしました。

ビデオテープ・カセットテープの処分方法

 
  そのほか、以下の表に掲げる品目についても分別が変更しています。
品目 従来 4月1日以降
便器・便座 収集不可・持ち込みのみ 収集可能
神棚・仏壇 収集不可・持ち込みのみ 収集可能
化粧ビン 燃やさないごみ 資源になるもの
じゅうたん 粗大ごみ 6畳以上は粗大ごみ

循環型社会の形成及びごみの減量のため、分別にご協力お願いします



【掲載担当課】 クリーン推進課業務係(電話)047−445−1223