息子などをかたったオレオレ詐欺に注意!


 電話で息子や孫などをかたり「会社の小切手の入ったカバンを置き忘れた」「サラ金から借金の返済を迫られている」などといって現金を用意させ、指定した場所で友人や弁護士などを装う人物に手渡させるオレオレ詐欺が市内でも発生しています。
 犯人は怪しまれないように「携帯電話を変えた」、「風邪をひいて声が変だ」といったテクニックを使っています。
 「私は大丈夫!」と思っていても、実際にこんな電話がかかってきたら、誰だって動揺してしまいます。犯人は、この心の動揺につけ込んできます。日頃から手口を理解し、心の準備をしておきましょう。


オレオレ詐欺に遭わないこころがけ

  • ○「携帯電話を変えた」それは詐欺
    息子や孫などのふりをした犯人は、携帯電話の番号が変わったと伝えてきます。
    これが、詐欺のサインです。怪しいと思ったら、元の携帯電話の番号にかけてみましょう。

  • ○「代わりの者(代理人)がお金を受け取りに行く」それは詐欺
    犯人は代わりの者(代理人)がお金を受け取りに行くと伝えてきます。このような話を聞いたら、電話de詐欺を疑いましょう。
    このような電話があった場合、一人で判断することなく、元の電話番号や、家族の方などに相談して事実を確認して、警察に通報をお願いします。

  • ○在宅中も留守番電話
    在宅時でも電話を留守番電話にしておきましょう。犯人と直接話さないので被害に遭いません。

  • ○電話de詐欺相談専用ダイヤルに相談を
    「すぐにお金が必要だ」そんな電話が来たら一人で悩まず、電話de詐欺専用相談ダイヤル(0120-494-506)に相談してください。専用ダイヤルでは、県民の皆様からの振り込め詐欺に関する相談を専門に受け付けるほか、被害に遭わないための注意点・対処方法などを紹介しています。

    [リンク先]
    電話de詐欺についての情報が掲載されています。ぜひ御覧ください。
    千葉県警察ホームページ 「電話de詐欺」



【掲載担当課】 安全対策課防犯係(電話)047−445−1285