鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページくらしのガイド選挙>郵便による不在者投票
 
郵便による不在者投票

1 郵便等による不在者投票ができる人
  •  身体障害者手帳・戦傷病者手帳・介護保険の被保険者証を持ちの人で、次の項目に該当し、自署できる方に限ります。※1

手帳の種類 内 容 障がいの程度
身体障害者手帳をお持ちの人 両下肢・体幹・移動機能の障がい 1級又は2級
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障がい 1級又は3級
免疫・肝臓の障がい 1級から3級
戦傷病者手帳をお持ちの人 両下肢・体幹の障がい 特別項症から第2項症
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障がい 特別項症から第3項症
介護保険の被保険者証をお持ちの人 要介護状態の区分 要介護5
  • ※1 郵便等による不在者投票ができる人でなおかつ、上肢もしくは視覚の障がいの程度が1級である人は代理記載制度が摘要になります。


2 郵便等投票証明書の交付
  •  郵便投票を行うには、「郵便等投票証明書」が必要です。手帳(または県知事の証明した書類)を持って、あらかじめ選挙管理委員会まで交付申請してください。申請は郵送でも代理の人でもかまいません。

3 証明書の有効期間
  •  「要介護5」の方の『郵便等投票証明書』の有効期間は、要介護認定の有効期間の末日までとなります。それ以外の方は7年間有効です。

4 代理記載制度について対象となる人
  •  郵便等による不在者投票をすることが出来る選挙人で、次の2つの要件に両方とも該当する人です。
     (1)投票所に行くことができない人
    •  身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険被保険者証を持ち、『郵便等投票証明書』の交付を受けている人、またはこれから申請しようとする人。
     (2)投票用紙に自署できない人
    • 身体障害者手帳を持ち、上肢または視覚の程度が1級の人
    • 戦傷病者手帳を持ち、上肢または視覚の障がいの程度が特別項症から第2項症までの人

申請の手続き
  •  代理記載による不在者投票を行うには、次の手続きが必要です。住民票のある選挙管理委員会に申し込んでください。
     (1) 「郵便等投票投票証明書」に代理記載できる旨の記載を受けてください。
     (2) 代理記載人となる人を届け出てください。
     本人に代わって投票に関する記載をする人(代理記載人:選挙権を有する人)を1人定めその人の氏名・住所及び生年月日を選挙管理委員会に届け出てください。
     代理記載人となる人の同意書および宣誓書が必要です。


■ 郵便投票証明書の申請から投票までの手続



 


トップページくらしのガイド選挙>郵便による不在者投票