サイト内リンク検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページくらしのガイド選挙期日前投票>期日前投票Q&A
 
期日前投票Q&A

期日前投票 Q&A

期日前投票って? 選挙は、投票日に投票所において投票することが原則としていますが、期日前投票制度は、投票日前であっても、投票日当日と同じように、直接投票箱に投票用紙を入れることが出来る仕組みです。
対象となる投票は? 従来の不在者投票のうち、名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会で行う投票のみが期日前投票の対象となります。
投票の対象者は?  選挙期日に仕事や旅行等があるなど、一定の事由に該当する方で、期日前投票を行う日に選挙権を有する方です。(投票日当日に18歳になる方は期日前投票ができません。このような方は例外的に不在者投票することになります。)
 投票の際には、現行の不在者投票と同じく一定の事由に該当すると見込まれる旨の宣誓書の提出が必要となります。 
投票期間・時間は?  「告示日又は公示日の翌日から投票日の前日までの間」です。
 選挙期日の公示日または告示日には投票できませんので注意ください。
 時間は午前8時30分から午後8時です。今までと変わりありません。
新制度のメリットは? 従来の不在者投票のように、投票用紙を封筒に入れて、それに署名するといった手続きがなくなるので、投票しやすくなります。また、選挙権の有無は「期日前投票を行う日」に認定されるので、期日前投票を行った後に、死亡等で選挙権を失っても有効な投票として扱われます。



トップページくらしのガイド選挙期日前投票>期日前投票Q&A