サイト内検索結果へジャンプ
鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページくらしのガイド快適な生活のために>住まい
 
住まい

家を建てるには / 各用途地域で建設できる建物について / 埋蔵文化財 / 届出に必要な土地取引 /
都市計画施設等区域内の建築規制 / 農地の転用治水対策 / 治水対策 /埋立て、盛土の規制 / 
市営住宅の申し込み / 住居表示 / 建築物の耐震について


* 家を建てるには    * 都市計画課

土地を買い、家を建てるときには、後でトラブルが起きないように特に次の点に注意しましょう。

●市街化区域ですか?  
市街化調整区域には、原則として建てられません。土地を購入するときには、その土地が「市街化区域」かどうか確認してください。


* 各用途地域で建築できる建物について    * 建築住宅課

用途地域の種類によって建築できる建物の用途が決まっています。

第一種低層住居専用地域
第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域
第二種中高層住居専用地域
第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
おもに住宅をつくるのに適した地域 それぞれ建ぺい率・容積率・高さといった制限があります
近隣商業地域
商業地域
商店が建てられる
準工業地域 工場をつくることができる

●建築確認を受けましょう
建築物を建築するときは、あらかじめ建築確認申請書を建築住宅課に提出し、建築主事の確認(確認済書)を受けてください。

● 白地地域における建築形態規制の指定について ●



* 埋蔵文化財    * 文化・スポーツ課

遺跡の範囲内に家などを建てるときは、文化財保護法によって届け出ることが決められています。また、着工前に、発掘調査が必要な場合もあります。

遺跡の所在地は、文化・スポーツ課に分布図があります。事前にご相談ください。


* 届け出の必要な土地取引    * 都市計画課

市街化区域で2,000平方メートル以上、市街化調整区域で、5,000平方メートル以上の土地取引をする場合、国土利用計画法によって届け出ることが義務づけられています。


* 都市計画施設等区域内の建築規制   * 都市計画課

都市計画施設(道路・公園など)の区域、または、市街地開発事業(土地区画整理事業など)の施行区域内に建物を建てるときは、許可が必要です。事前に相談をしてください。


* 農地の転用    * 農業委員会

農地を農地以外に転用するときは、届け出または許可が必要です。市街化区域内にある農地は、農業委員会に届出書を提出してください。市街化調整区域の農地転用は、知事の許可が必要です。事前に相談をしてください。


 治水対策    * 道路河川建設課

新築、増改築をする場合には、浸水被害の防止と地下水のかん養のため、敷地内に雨水を浸透させる雨水浸透マスの設置をお願いします。


* 埋め立て、盛土の規制    * 環境課

500平方メートル以上の埋め立て、盛土及びー時たい積は、市や県の許可が必要となります。事前にご相談ください。


* 市営住宅の申し込み    * 建築住宅課

市営住宅の入居者(新規、空き家)の募集はそのつど広報かまがやでお知らせします(収入制限などがありますのでお問い合わせください)。


* 住居表示    * 市民課

 従来の地番を使わず、町名や街区符号、住居番号により住所を表すのが住居表示です。
<例>
鎌ケ谷市
鎌ケ谷一丁目  1番      1号
 町 名     街区符号   住居番号

住居表示実施区域内で住宅や事務所、店舗などの建物を新築・改築などしたときは、市民課へ届出書を提出してください。市では、この届出に基づいて現地調査を行い、住所を決定し、住居番号表示板などをお渡しします(この届出は、建築確認申請とは別の手続きです)。

 
*建築物の耐震について    *建築住宅課

建築物の耐震化についての相談先
社団法人  千葉県建築士会          TEL 043-202-2100
        同上         鎌ケ谷支部  TEL 047-445-4064
社団法人  千葉県建築士事務所協会    TEL 043-224-1640

木造住宅の無料耐震相談の実施概要

市では、千葉県建築士会鎌ケ谷支部から相談員派遣の協力を受け、木造住宅の無料耐震相談を実施します。詳細はこちらから

ご自分で、簡単な耐震診断をしてみたい方は
財団法人 日本建築防災協会のページからダウンロードして、「誰でもできる我が家の耐震診断」パンフレットを開くことができます。
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/wagayare.htm 

ブロック塀の安全化について
下記社団法人 日本建築学会のページから詳細がご覧いただけます。
http://news-sv.aij.or.jp/zairyou/s2/index.html 
   
●住まいづくりのチェックポイント

(1)建築物の敷地は、建築基準法に定められた道路に2m以上接していなければなりません
(2)建築物は、荷重、風圧、地震、震動に対して安全な構造にしなければなりません
(3)防火・避難の基準が定められています
(4)浄化槽の設置については、汚水放流先の管理者の承認が必要です
(5)工事現場には、確認済の表示が必要です
(6)工事が完了したら完了検査申請書を提出し、検査を受けてください



「姉歯建築設計事務所による構造計算書の偽造とその対応について」
・国土交通省
http://www.mlit.go.jp/kozogiso/index.html
・千葉県
http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/j_kenchiku/0_gizou/index_gizou.html



トップページくらしのガイド快適な生活のために>住まい