鎌ケ谷市公式ホームページTOPページへ
市の概要 市の施策 くらしのガイド 各課ページ 施設案内 更新情報
English中文(簡体)中文(繁体)KoreanTagalogThai
サイト内検索
トップページくらしのガイド快適な生活のためにごみ>重電機器等から微量のPCBが検出された事案について
 
重電機器等から微量のPCBが検出された事案について

微量のPCBの混入の可能性を完全に否定できないとされる変圧器等の重電機器及びOFケーブル(以下、「重電機器等」という。)が廃棄物となった場合等の廃棄物処理法及びPCB特別処置法の取り扱いについては、平成16年2月17日付け環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長名での通知がありましたので、下記のとおり周知頂きますようよろしくお願いいたします。


1. 産業廃棄物処理業者にあっては、事業者から廃重電機器等の処分を受託しようとする場合には、あらかじめ当該事業者に対して、PCB混入の可能性の有無について確認することとされたいこと。当該廃重電機器等について、PCBの混入が確認された場合には、PCB廃棄物として適正に処分することができる者以外、処分を受託してはならないものであること。

2. 廃油もしくは金属くず等廃重電機器等由来の廃棄物であることが疑われる場合には、産業廃棄物処理業者にあっては、事業者に対し、その経歴を確認し、廃重電機器等由来であれば、1.のとおりPCB混入の可能性の有無について確認することとされたいこと。

3. 廃重電機器等について、機器毎に測定した当該廃重電機器等に封入された絶縁油中のPCB濃度が処理の目標基準である0.5mg/kg以下であるときは、当該廃重電機器等は、PCB廃棄物に該当しないものであること。

4. 分析のために試料を採取し、これを運ぶ場合、廃棄物処理法及びPCB特別処置法の適用を受けないものであること。なお、分析のための試料の採取は分析に必要な最小限の量とし、分析後に余った試料は、事業者に返却することとされたいこと。



トップページくらしのガイド快適な生活のためにごみ>重電機器等から微量のPCBが検出された事案について